歯の豆知識

歯の土台をファイバーコアにするメリット

2016年10月13日 (木)

歯は食べ物を美味しく食べるために、とても大切な部分です。 そのため、体の健康の位置づけとして大事に考えたいですね。

そんな時、歯医者,歯科を受診した時、歯の神経をとってしまう治療をされることがあります。 その時、神経がなくなることによって、そのリスクをもつことになるのです。 リスクというのは、神経を失ってしまった歯がもろくなるということです。 かけてしまうことがあったり、割れてしまうことがあります。

そんな事にならないためには、歯医者,歯科でファイバーコアという治療を受けることで、そのことを防ぐことができます。 それは嬉しい事ですね。
歯がもろくなってしまうと、抜歯をすることもあるのです。 それよりも、そのことを防止することができると助かります。

歯医者,歯科では、歯の土台として別のものを使うこともあります。 それを使うのは、保険診療で行うことができるというメリットがあるからです。
しかし、その治療方法は安いということがありますが、デメリットもあります。 それは、歯が割れてしまったり、黒くなる恐れがあるということです。
そんなことになると、辛いですね。

その点、ファイバーコアにすると、歯が折れる事を防ぐことができます。 また、歯や歯茎が変色をすることを防ぐことも出来るのです。
歯が黒くなったり、歯茎の色が悪いと、とても辛いですね。 思いっきり笑うことも、躊躇するようになるかもしれません。
また、金属アレルギーなどの心配もないので、その点でも安心して治療を受けることが出来ますね。


カテゴリー: 未分類

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

2016年10月12日 (水)

ふっと鏡を見て、差し歯と歯茎の境目が黒ずんでいる、と気になったことはありませんか。これはメタルタトゥーと呼ばれる症状です。

差し歯の治療をする際には、歯の内部の金属製の釘のようなものを専門の器具で削り出します。その時に、まき散らされた金属の欠片が歯茎に食い込んでしまい、それがやがて黒く変色してメタルタトゥーとして目に見えるようになってしまいました。

メタルタトゥーを防ぐには、歯を形成する際に金属を使用しないことです。しかし、現在の保険内の治療では、どうしても最低限の治療しかできず、金属を使わなければならない状況にあり、どうしてもこういった症状は起こりやすくなってしまいます。歯茎の組織の中に金属の欠片が入り込んでしまっているため、それを除去するためには手術をするか、レーザーで焼きとるしか方法はありません。

このような施術をしてくれる歯科医院は少ないです。

また、歯茎の変色に関しては、保険治療では非常に多くの人に現れるごく一般的なものであり、特に害はありません。そのため、保険内でメタルタトゥーを治すのは、非常に難しいです。しかし、お金はきにせず、黒ずみを直したいという人はいると思います。その場合は、差し歯に使われている金属を非金属に変える治療が中心になります。ファイバーコアやセラミックなどです。見た目も自然な仕上がりになります。この治療を行えば、多少費用はかかりますが綺麗な歯茎に戻ることは可能です。


カテゴリー: 未分類

根管根充とはどのような状態のことをいうのか

2016年10月11日 (火)

根管根充(根管充填)は、歯科で行われる根管治療のプロセスのひとつです。

歯の内部組織(歯髄)を取り除いて整形した穴(根管)に人工物を流し入れ、その隙間をふさぎます。この時根管に充填されるのは、後で固まる性質を持つゲル状物質か、熱や薬剤で軟化する固形物かのいずれかになります。現在、歯科で用いられているのは固形物系のガッターバーチャと呼ばれる物質で、セメントをつけて充填されるのが一般的です。
根管根充には『側方加圧充填』と『垂直加圧充填』の2通りの方法があり、それぞれに長所と短所があります。
側方加圧充填では、太さの異なるガッターバーチャ製の充填材を隙間に押し込んで塞ぎます。根の先まで緊密に差し込むのが難しいことや、根管の細かい枝分かれには対応しづらいといった短所を抱えています。一方で、充填前に根管を削る量が少なくなるため、歯の強度を保つことは容易です。
垂直加圧充填の場合は、熱や薬剤により軟化させたガッターバーチャ製の充填材を分割し、少しずつ根管に加圧して詰めていきます。根の先までしっかりと充填剤が行き届きますが、その分根管をきれいな形に整形する必要があり、歯の切削量も多くなります。大臼歯や犬歯など、一部の歯では根管根充を行えないことも、この方式の短所と言えるでしょう。
いずれの方法でも、根管への充填が不十分な場合には、術後に歯の痛みや剥離などのトラブルに見舞われる可能性があります。必ず信頼のおける歯科医に相談し、適切な根管治療を受けてください。


カテゴリー: 未分類

根治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?

2016年10月10日 (月)

虫歯に気がついたら出来るだけ早く歯医者に行く必要があります。虫歯は病気とは違い自然に治るという事は絶対にありません。放っておくとどんどん症状は酷くなっていきます。

そのため、歯医者に行く必要があるのですが、どれくらいで根治するのか不安になると思います。では、根治までにどれくらいの期間が必要か紹介します。
表面だけの虫歯なら2、3回で終了しますのでそこまで時間もお金もかかりません。この場合は自覚症状がなく歯医者の定期検診で見つかることが多いです。時間がかかるのは根の先の奥のほうまで炎症が広まってしまっている時は根治するまでにかなりの時間を要します。ですが放っておくとさらにひどい状態になります。またこの頃になると自覚症状が現れ何もしていなくても痛みが強く、ひどい場合だと夜眠れないくらいになります。ですので、イヤでも歯科に行く必要が出てきます。ですが、それでも一日でも早く治さなくてはいけないのですぐに歯医者に行ってください。このまま放っておくと治療の期間や再感染の機会が増えたり、歯としての機能が失われる事もあります。また、麻酔など深いな治療が増えますます歯科嫌いになります。虫歯が表面だけなら治療もほぼ痛みが伴わず簡単に出来るので早めに治す事をオススメします。

早く見つけるためには定期健診が必ず必要なので最低でも年に1回は定期健診をしてもらってください。歯科に通って虫歯を早く見つけてもらって治療するのが歯がいつまでも健康でいられる秘訣です。


カテゴリー: 未分類

歯周病を避けるために気をつけること

2016年10月9日 (日)

歯周病とは、文字からも分かるように歯の周辺で起こる病です。

そして、この歯周病は、虫歯などとは違い、痛みを生じると言うよりも、少しずつ知らず知らずのうちに進行する病となっており、そんな、恐ろしい歯周病を予防する為には、やはり、歯科で歯医者に診てもらう事がベストな予防方法になってます。

もちろん、毎日の歯磨きは言うまでもなく丁寧に行う事を欠かしてはいけません。また、その際、歯茎にもブラッシングする事を心得る事も大切になってきます。
しかし、それだけでは、十分だと言う事が言えないのが、歯周病の予防なのです。その為、3か月に一度のペースで歯科に行き、歯医者の手によって、歯石取りなど、歯のクリーニング及び、点検をしていかなければいけません。
3か月に一度と聞くと、多いように感じるかも知れませんが、春夏秋冬の年4回、季節の変わり目に合わせ、歯科に行き、歯医者にしっかりとメンテナンスをしてもらうと思えば、さほど、負担はないかと思います。
反対にそれを面倒に思い、放置した結果、歯周病になってしまうと、メンテナンス以上に通い続けなければいけない結果にもなってしまいます。また、通う事で治療ができればいいのですが、手遅れになり歯が抜けたり、他の病気を誘発してしまう場合も十分考えられます。

そのような事にならない為にも、日々の歯磨きの他、年に4回、自分でペースを決め、しっかりと、歯の検査をしてもらう事が歯周病予防には、重要になってきます。


カテゴリー: 未分類

歯周病の原因とは

2016年10月8日 (土)

歯がいつも健康で不安がないと食べ物がおいしいし食の楽しみを存分に味わうことができるのですが、痛みがあるとそういうわけにはいきません。

特に歯周病という難儀な状態になると困ったことになりますが、いったいなにが原因でそうなってしまうのでしょうか。

歯医者,歯科の説明によると、歯周病はかかる人もいればかからない人もいて歯磨きなどで予防することができるのですが、その歯周病の原因はプラークであり、それは歯に付着している白または黄白色の粘着性の沈着物であり、非常に多くの細菌とその産生物から構成されているものであり、それが原因となります。その他全身疾患は歯周病とも関連しているといわれていて、日本人が多く患う糖尿病は歯周病を悪化させるといわれているのです。
さらに専門の歯医者,歯科によると遺伝性の病気や血液の病気である白血病、そして皮膚の病気そしてそれを治療するために投与する薬によって歯周病の症状がでてしまうことがあり、とても対処が難しいのです。

またより身近なものとして喫煙は歯周病にかかりやすいといわれていますので、たばこを吸う人たちにとっては厳しい状況になるかもしれません。歯周病は心筋梗塞や肺炎にかかりやすくするというリスクがありますので、放置しておいてもよい問題ではありません。

歯医者,歯科に診察にいき、そこでのアドバイスに従うことはとても大切になりますし、今すぐにできることを何でもして治療の効果が出るようにしていかなければならないのです。


カテゴリー: 未分類

インプラント手術は痛いのか

2016年10月7日 (金)

麻酔注射をしたりメスを入れたりとしなければならない以上、インプラントを埋めて全く痛みを感じさせないということは、どんな腕利きの歯医者でも行えません。インプラント治療は、基本的に痛みのある治療法です。
インプラント治療の痛みは、インプラント埋め込みの手術に伴う、抜歯や歯肉の切開といった部分に発生します。歯医者で行う治療という時点で共通している、虫歯や親知らずの除去など、歯を抜いたり麻酔を打ったりする歯科治療と比べて、特別に痛いというものではありません。
インプラントを埋め込む部分が広範囲に及んだり、土台の薄さに対応するために骨を移植したり、麻酔が効きにくい状態にあったりすれば、痛みも相応に大きくなることが予想されます。インプラント治療の痛みも大抵の歯科治療と同じく、個人によっての差が存在しますから、不安な事項があるなら手術前に歯医者に相談しておくのが安心です。
歯を抜いたり傷口を縫ったりという時に生じる痛みは、麻酔が切れてからが本番ともいえますので、手術中に大した痛みを感じなかったとしても数日は注意していましょう。痛みや発熱があった場合には、歯科からもらえる鎮静剤を飲んだり、熱を持っている場所を冷やしたりといった対処が有効です。
手術後の飲酒や喫煙を避けたり、食事は柔らかいものを中心にしたりと工夫したりとすれば、和らぐ類の痛みもあります。

どうしても痛みが気になる時には、医師の診察を受けて、状況に応じた対処をしてもらうことも可能です。


カテゴリー: 未分類

親知らずは必ず抜かなければならないのか

2016年10月6日 (木)

なにか奥歯に違和感を感じるようになり、次第に痛みが出てくるということがあるかもしれません。

虫歯ということもあるでしょうが、どうもそうした痛みとも違うような気がするというケースがあります。それはひょっとすると親知らずは生えてきているのかもしれません。親知らずはあまり形が生える方向がよくないので抜かなければならないと感じる人たちは少なくありません。痛みが出る出ないにかかわらず、まずは専門の歯医者,歯科に診てもらい、どのように対処できるのかということを相談することができるのです。

歯医者,歯科ではまずはレントゲンを撮影することになるでしょう。それを見ながら親知らずがどのような状況にあるのか、はっきりとしますので、それを元に話し合うことになります。

親知らずが斜めに生えてきており、正常な奥歯に悪さをするような状況が見られるかもしれません。また親知らずそのものに歯ブラシがうまく届かないことが原因で虫歯になりやすく、隣の歯まで虫歯にしてしまう危険があるという可能性もあります。また噛み合わせがうまくいくのかという問題も生じることがあるでしょう。

歯医者,歯科では親知らずを抜く場合にはどのようなメリットがあるのか、またデメリットとなることはあるのか、そして抜かないことにした場合のメリットそしてデメリットをわかりやすく説明してくれるので、納得することができるに違いありません。親知らずは痛みを伴うことがあり、難儀ですが、きちんとした治療ができれば安心できるのです。


カテゴリー: 未分類

セラミック治療は保険でもできるのか

2016年10月3日 (月)

虫歯や歯周病など、様々な歯のトラブルに悩まされている人は多いと思います。多くの人が行列の中で予約を取り、歯医者に行っていることと思います。その治療の中で銀歯にしなくてはならない状況になった人も少なくないでしょう。ショックですよね。それが前歯などの他者に見えやすい歯だったら、なおさらショックでしょうね。セラミックが良いのに、と思ってもセラミックの白い歯は健康保険には適用されません。高額な治療費を払ってセラミックにするのか、このまま銀歯でいくのか大変悩みますよね。

ほとんどの場合はセラミックには健康保険は適用されません。しかし、例外も中にはあります。それがCAD/CAMセラミック歯と呼ばれるものです。CAD/CAMセラミックとは、コンピュータシステムで作られたセラミック歯のことです。歯の模型から形を解析、スキャンをしてセラミックのブロックに機械が模型通りに削り出して作ります。今までのセラミックは、専門の技師さんがいてその技師さんがひとつひとつその人の歯の形に合わせて作っていたので、手間とコストが非常にかかりました。しかし近年では、コンピュータの進歩のおかげでこうした手作業ではなく、コンピュータ任せで自動的に作ってくれるので、コストが抑えられ、健康保険も使用できるようになっています。機械が自動的に作るため、微調整がなかなかしづらく。通常のセラミック歯と比べると、見劣りする部分はありますが、保険が適用できるのは大変魅力的です。是非、歯科医院に相談してみてはどうでしょうか。


カテゴリー: 未分類

歯医者のセカンドオピニオンとは

2016年10月2日 (日)

歯のトラブルの解決法は千差万別です。様々な歯の治療法が登場した事で、大抵のトラブルは解決できるようになりました。ですが歯の治療法が増えた事による弊害も存在しているのです。

歯医者によって歯の治療法は少しずつ異なるので、歯科によって全く異なる解決策を示される事があります。

 

例えば重度の歯のトラブルに対して、必ず抜歯を提案する歯科も存在しているのです。抜かれた永久歯は再生してくる事はありません。抜歯の選択を迫られた人は悩みどころだと言えます。そういう事が珍しくないから、セカンドオピニオンの考え方が流行しているのです。

セカンドオピニオンはこれまで関わった事の無い第三者から、全く新しい提案をして貰う事です。これまで頼りにしてきた人の意見をないがしろにしてしまう可能性はありますが、全く別の解決策を知る事で道が開ける可能性もあります。

提案して貰うだけならばリスクがないので、重大な選択を迫られた時に有効な考え方です。

 

歯医者のサービスは重大な問題に直面した時、幅広い選択肢の中から1つを選ばなければならない側面があります。

 

軽度のトラブルであれば、それほど神経質になる必要はありません。ですが重度のトラブルを歯科に相談する場合には、これからの人生も関わってきます。だからこそ第三者に相談するセカンドオピニオンは有効なのです。

相談だけならば無料で行われている事も珍しくないので、歯に関する問題で悩んだ時には別の歯医者に頼ってみるのも悪くありません。


カテゴリー: 未分類

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで