歯の豆知識

インプラント手術は痛いのか

2016年10月7日 (金)

麻酔注射をしたりメスを入れたりとしなければならない以上、インプラントを埋めて全く痛みを感じさせないということは、どんな腕利きの歯医者でも行えません。インプラント治療は、基本的に痛みのある治療法です。
インプラント治療の痛みは、インプラント埋め込みの手術に伴う、抜歯や歯肉の切開といった部分に発生します。歯医者で行う治療という時点で共通している、虫歯や親知らずの除去など、歯を抜いたり麻酔を打ったりする歯科治療と比べて、特別に痛いというものではありません。
インプラントを埋め込む部分が広範囲に及んだり、土台の薄さに対応するために骨を移植したり、麻酔が効きにくい状態にあったりすれば、痛みも相応に大きくなることが予想されます。インプラント治療の痛みも大抵の歯科治療と同じく、個人によっての差が存在しますから、不安な事項があるなら手術前に歯医者に相談しておくのが安心です。
歯を抜いたり傷口を縫ったりという時に生じる痛みは、麻酔が切れてからが本番ともいえますので、手術中に大した痛みを感じなかったとしても数日は注意していましょう。痛みや発熱があった場合には、歯科からもらえる鎮静剤を飲んだり、熱を持っている場所を冷やしたりといった対処が有効です。
手術後の飲酒や喫煙を避けたり、食事は柔らかいものを中心にしたりと工夫したりとすれば、和らぐ類の痛みもあります。

どうしても痛みが気になる時には、医師の診察を受けて、状況に応じた対処をしてもらうことも可能です。


カテゴリー: 未分類

親知らずは必ず抜かなければならないのか

2016年10月6日 (木)

なにか奥歯に違和感を感じるようになり、次第に痛みが出てくるということがあるかもしれません。

虫歯ということもあるでしょうが、どうもそうした痛みとも違うような気がするというケースがあります。それはひょっとすると親知らずは生えてきているのかもしれません。親知らずはあまり形が生える方向がよくないので抜かなければならないと感じる人たちは少なくありません。痛みが出る出ないにかかわらず、まずは専門の歯医者,歯科に診てもらい、どのように対処できるのかということを相談することができるのです。

歯医者,歯科ではまずはレントゲンを撮影することになるでしょう。それを見ながら親知らずがどのような状況にあるのか、はっきりとしますので、それを元に話し合うことになります。

親知らずが斜めに生えてきており、正常な奥歯に悪さをするような状況が見られるかもしれません。また親知らずそのものに歯ブラシがうまく届かないことが原因で虫歯になりやすく、隣の歯まで虫歯にしてしまう危険があるという可能性もあります。また噛み合わせがうまくいくのかという問題も生じることがあるでしょう。

歯医者,歯科では親知らずを抜く場合にはどのようなメリットがあるのか、またデメリットとなることはあるのか、そして抜かないことにした場合のメリットそしてデメリットをわかりやすく説明してくれるので、納得することができるに違いありません。親知らずは痛みを伴うことがあり、難儀ですが、きちんとした治療ができれば安心できるのです。


カテゴリー: 未分類

セラミック治療は保険でもできるのか

2016年10月3日 (月)

虫歯や歯周病など、様々な歯のトラブルに悩まされている人は多いと思います。多くの人が行列の中で予約を取り、歯医者に行っていることと思います。その治療の中で銀歯にしなくてはならない状況になった人も少なくないでしょう。ショックですよね。それが前歯などの他者に見えやすい歯だったら、なおさらショックでしょうね。セラミックが良いのに、と思ってもセラミックの白い歯は健康保険には適用されません。高額な治療費を払ってセラミックにするのか、このまま銀歯でいくのか大変悩みますよね。

ほとんどの場合はセラミックには健康保険は適用されません。しかし、例外も中にはあります。それがCAD/CAMセラミック歯と呼ばれるものです。CAD/CAMセラミックとは、コンピュータシステムで作られたセラミック歯のことです。歯の模型から形を解析、スキャンをしてセラミックのブロックに機械が模型通りに削り出して作ります。今までのセラミックは、専門の技師さんがいてその技師さんがひとつひとつその人の歯の形に合わせて作っていたので、手間とコストが非常にかかりました。しかし近年では、コンピュータの進歩のおかげでこうした手作業ではなく、コンピュータ任せで自動的に作ってくれるので、コストが抑えられ、健康保険も使用できるようになっています。機械が自動的に作るため、微調整がなかなかしづらく。通常のセラミック歯と比べると、見劣りする部分はありますが、保険が適用できるのは大変魅力的です。是非、歯科医院に相談してみてはどうでしょうか。


カテゴリー: 未分類

歯医者のセカンドオピニオンとは

2016年10月2日 (日)

歯のトラブルの解決法は千差万別です。様々な歯の治療法が登場した事で、大抵のトラブルは解決できるようになりました。ですが歯の治療法が増えた事による弊害も存在しているのです。

歯医者によって歯の治療法は少しずつ異なるので、歯科によって全く異なる解決策を示される事があります。

 

例えば重度の歯のトラブルに対して、必ず抜歯を提案する歯科も存在しているのです。抜かれた永久歯は再生してくる事はありません。抜歯の選択を迫られた人は悩みどころだと言えます。そういう事が珍しくないから、セカンドオピニオンの考え方が流行しているのです。

セカンドオピニオンはこれまで関わった事の無い第三者から、全く新しい提案をして貰う事です。これまで頼りにしてきた人の意見をないがしろにしてしまう可能性はありますが、全く別の解決策を知る事で道が開ける可能性もあります。

提案して貰うだけならばリスクがないので、重大な選択を迫られた時に有効な考え方です。

 

歯医者のサービスは重大な問題に直面した時、幅広い選択肢の中から1つを選ばなければならない側面があります。

 

軽度のトラブルであれば、それほど神経質になる必要はありません。ですが重度のトラブルを歯科に相談する場合には、これからの人生も関わってきます。だからこそ第三者に相談するセカンドオピニオンは有効なのです。

相談だけならば無料で行われている事も珍しくないので、歯に関する問題で悩んだ時には別の歯医者に頼ってみるのも悪くありません。


カテゴリー: 未分類

銀歯とセラミックの違い

2016年10月1日 (土)

少し前までは、歯科医院でむし歯の治療をしたら被せものをして銀歯になることが普通でした。しかし最近では、歯科医院によってはこの被せものの材質を選択できるところが増えてきています。特に歯医者さんにおすすめされる確率が高いのがセラミックです。

では銀歯と歯医者さんの勧めるセラミック、値段や品質、見た目などどう違うのでしょうか。

まず銀歯は保険適用になるので、自己負担金額が比較的安いです。金属製なので滅多に欠けることもありません。

しかしデメリットもあります。金属は少しずつ溶け出しているので、金属アレルギーの原因になってしまう可能性があります。また、クラウンと歯は接着されているのではなく隙間をセメントで埋めている状態なので、セメントが劣化していけば隙間ができてしまい、再びむし歯になってしまう二次カリエスになりやすくなります。また、見た目はいかにも治療した風になるので、前歯に近い程気になります。

一方、セラミックはどうでしょうか。一番の違いは、セラミックは本物の歯のような見た目であることです。劣化しにくく変色することもほとんどないので、見た目を気にする人に最適です。また、歯と被せものをぴったり密着できるため、二次カリエスになる可能性を減らすことができます。陶器なので金属アレルギーの心配もありません。

デメリットは保険適用外で高額になってしまうことです。歯科医院やセラミックのタイプにもよりますが、3万円から上は10万円を超える場合もあります。また、歯ぎしりが激しいと欠けてしまう恐れがあるので不向きな人もいます。

いずれもメリット・デメリットがあるので、歯医者さんとよく相談する必要があります。


カテゴリー: 未分類

虫歯を放置したらどうなるのか

2016年9月30日 (金)

毎日歯磨きをしてきれいしているつもりでも虫歯ができてしまうことがあります。自分では磨いていても、歯ブラシがしっかりと汚れを落としていないということがありますし、磨き方がよくないということもあるでしょう。一度虫歯になってしまうと、その箇所はさらにひどくなってしまう事が多く、最悪抜かなければならなくなるかもしれません。しかもその虫歯だけではなく隣の歯も虫歯にしてしまう危険性まであるのです。歯に痛みや違和感を感じることがあればそれを放置するのではなく歯医者,歯科に行き、診察をしてもらうことが重要になるのです。

歯医者,歯科では最初にカウンセリングでどこがどのように痛むのか、いつごろからそうなっていることを自覚しているのかといったことを話し合うかもしれません。親切で丁寧な歯科医は、その原因とそして治療のためにどのようなことをする必要があるのかということを提案してくれます。そして患者にとって不安は痛みが出ることかもしれませんが、痛みが出ない治療ができることや不安な気持ちを解消するための方法についての説明によって安心することができるでしょう。

同時に歯医者,歯科では虫歯になってしまった場合にはできるだけ早く治療が必要であること、そしてできるだけ虫歯にならないためにどのような予防ができるのかということに注意が向けられ、その説明を聞くことができるので、歯のケアがしっかりできるようになるのです。虫歯は本当に怖いということを認識すできます。


カテゴリー: 未分類

なぜ歯周病は危険なのか

2016年9月29日 (木)

歯科に行く場合、多くの人は、虫歯の治療に行く人が多いかと思います。もちろん、虫歯も怖いもので、早めに歯科に通い、治療を行う事が大切になってきます。しかし、そんな、虫歯よりも、もっと、恐いのが歯周病になっています。なぜ、歯周病が恐ろしいかと言うと、それは、歯に与える影響だけではない為です。歯周病を歯科に通う事なく、歯医者に治療してもらわないまま、放置してしまうと溜まった細菌が炎症を引き起こし、最終的には、歯を失ってしまうほどの恐ろしいものになっています。

そして、歯周病になる事で、歯を失うだけではなく、様々な病気を引き起こす原因にもなると言われているのです。例えば、糖尿病です。歯周病になる事で、糖尿病の原因であるインスリンの働きを悪くする事が分かっており、歯周病を放置し、歯周菌が口の中で増殖してしまう事は、非常に危険な事と言われているのです。その為、歯医者で常に歯石を取ってもらうといった歯周病ケアは、歯の事を大切にするほか、糖尿病の予防にもつなげる事ができると言われているのです。

その他にも、歯科で歯医者に歯周病予防を行ってもらう事で、心筋梗塞も予防する事ができると言われています。心筋梗塞の原因である血管のつまりには、歯周病が大きく関係していると言われており、心筋梗塞の予防にも歯周病予防は、とても、大切なものになっていると言えるのです。

以上のように、歯周病が体に及ぼす影響を考えると決して、軽視する事ができないと言う事が分かったかと思います。


カテゴリー: 未分類

虫歯にならないためにすべきこと

2016年9月28日 (水)

虫歯にならないためにすべきことは二つあります。正しい歯磨きをすることと、歯科にて定期的に歯医者の診察を受けることの二つです。

虫歯に歯磨きというのは基本中の基本ですが、虫歯になりにくい人でもなりやすい人でも、同じように食べたものの残りかすがきっかけとなって虫歯に発展するルートは変わりませんので、何よりも歯を磨き食べかすを残さないことが重要になります。

歯を強くして虫歯を予防する方法は、食べたものを残してしまった場合に、虫歯になる確率を下げるために有効な手段であって、歯磨きの有効性を疑うものではありません。三食に関わらず、物を食べた後にはいつでも簡単に歯磨きを行っておくのが一番ですが、それが手間ならうがいだけでも良いので、口の中に食べ物がない時間を長く作っていきましょう。

しかし素人の歯磨きには、えてして磨き残しが発生するものですので、そうした場合に備えて二つ目の、歯科への定期的な通院が必要です。歯科での虫歯治療が求められるレベルになる前に、初期の段階で歯医者さんに確認してもらっておけば、自然治癒が期待できる状態というものが歯には存在します。

ただの歯垢なのか、それとも虫歯になりかけなのかの判断は、歯医者にしか行えません。歯のチェック自体は素人でも可能であるものの、黒ずみや歯石に素人がうかつに手を出して、歯を劣化させるようなことがあっては逆効果となるだけです。しっかりと専門の医師の診察を受けて、適切な処置にて虫歯のない歯を目指していきましょう。


カテゴリー: 未分類

なぜ定期検診が大切なのか

2016年9月27日 (火)

虫歯や歯周病は早期解決するのが理想的です。しかし歯に違和感がなければ、早期発見するのは困難になります。歯の異常の感じ方には個人差があるので、誰もが早期の発見が行えるとは限りません。

歯への異常に鈍感な人は重大なリスクを抱えていると言えます。

だから歯科で定期検診を受ける事は重要なのです。歯のプロである歯医者の定期検診を受ければ、まず間違いなく歯のトラブルを未然に防ぐ事ができます。

 

少なくとも素人が判断するよりは確実です。充実した内容の定期検診であれば、歯の正しい磨き方を教えてもらう事もあります。日常的に行わなければならない歯磨きのやり方を、間違っている人は珍しくありません。

歯科による定期検診は間違いを正す効果もあるという事です。既に虫歯の治療を行った事があるなら、治療に使われた詰め物のチェックも嬉しいサービスです。虫歯の治療で使われる詰め物は、経年劣化によって取れてしまう事があります。知らない間に取れてしまい虫歯が進行してしまうのはよくあるトラブルです。

時間が経ってから詰め物が取れる事も、発見の遅れに影響しています。歯医者による定期検診は、既に治療した虫歯をチェックする意味もあるという事です。一般的に虫歯や歯周病の治療で歯科に支払う料金は、重度のトラブルであるほど大きくなります。難しい問題の解決ほど時間や道具が必要になるからです。

歯医者による定期検診は多少の支払いが必要ですが、重度のトラブルを回避するという意味で、出費額を最低限に抑える効果もあります。歯のトラブルの放置は様々な弊害があるから定期検診は大切なのです。


カテゴリー: 未分類

院長・ドクターブログ始めました。

2016年8月1日 (月)

ライフ錦糸町歯科クリニックの院長・ドクターブログを開始いたしました。

院内について様々なことを発信して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。


カテゴリー: 未分類

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで