歯の豆知識

セラミック矯正のメリット・デメリットを解説

2022年11月21日 (月)

歯並びの乱れを治す方法について調べていると、標準的な歯列矯正以外にも「セラミック矯正」という治療法についても見聞きすることがあります。従来の矯正治療にはないメリットがたくさん書かれていたりするため、多くの人が関心を持たれているようです。今回はそんなセラミック矯正のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

そもそもセラミック矯正とは?

セラミック矯正とは、矯正治療の一種のように思われがちですが実際はそうではありません。“矯正”という名称がついてはいるものの、本質はセラミックを用いた被せ物治療でしかないからです。セラミックで作ったクラウンを装着して、歯の形や色、位置、大きさなどを改善することを巷ではセラミック矯正と呼んでいます。

 

セラミック矯正のメリット

◎歯を動かす必要がない

セラミック矯正の最大のメリットは、歯を動かさずに歯並びの“見た目”を改善できる点です。改善できるのはあくまで見た目であり、歯並びを根本から良くできるわけではない点にご注意ください。

 

◎重度の歯の着色・変色を改善できる

セラミック矯正のメリットとしては、歯の色を大きく改善できる点が挙げられます。重度の着色や変色が認められる歯でも、セラミック製の被せ物を装着することで本物の歯の白さや美しさを回復できます。

 

◎歯列矯正よりも治療期間が短い

セラミック矯正にかかる期間は、一般的には2ヵ月程度で治療が完了します。歯を動かすだけでも2~3年の期間を要する歯列矯正とは大きく異なり、短期間で歯並びをきれいにできます。

 

セラミック矯正のデメリット

◎歯を大きく削らなければならない

セラミック矯正では、セラミック製の被せ物を装着するために、健康な歯質を大きく削らなければなりません。これは歯列矯正やホワイトニングとの根本的な違いであり、セラミック矯正の最大のデメリットともいえます。

 

◎ホワイトニングよりも治療期間が長い

歯の着色や変色の改善を目的としてセラミック矯正を受ける場合は、治療期間の長さがデメリットともなります。というのも、歯科医院で受けるホワイトニングは、短ければその日に、比較的症状が強い場合でも、2~3回の通院で歯の色を改善できることができるのです。そうした歯科のホワイトニングと比較すると、セラミック矯正の治療期間は長いと言わざるを得ません。

 

◎ホワイトニングよりも費用が高い

治療する歯の本数によっても大きく変わりますが、セラミック矯正にかかる費用はホワイトニングよりも明らかに高いです。ただし、歯列矯正と比較した場合は、セラミック矯正の方が安価であるといえます。

 

◎元に戻せない処置

セラミック矯正では、再生することのないエナメル質や象牙質を大きく削る処置なので、ああとから元に戻すことはできません。また、歯並び全体を整える処置でもないため、かみ合わせが悪くなるリスクもある点にご注意ください。

 

セラミック矯正をお考えの方へ

上記のように、セラミック矯正には意外に大きなデメリットを伴うため、歯の色を美しくしたいのであれば、ホワイトニングの方がおすすめといえます。また、悪い歯並びを改善したい場合も形だけ整えるセラミック矯正ではなく、歯列の乱れを根本から良くできる標準的な矯正治療の方が適しているといえます。もちろん、ケースによってはセラミック矯正が最善といえる場合もありますのが、歯の色や形、歯並びに関する悩みがある方は、お気軽にライフ錦糸町歯科クリニックまでご相談ください。


カテゴリー: 未分類

歯のちょうど良い白さとは?

2022年11月7日 (月)

前回は、芸能人の“白すぎる歯”について取り上げましたが、今回は“ちょうど良い歯の白さ”について解説します。私たちの歯の色はとても奥深く、個々人によっても違いが見られるため、歯科治療では細心の注意を払いながら患者さまに最善といえる色調をご提案しております。

 

「ちょうど良い歯の白さ」について

ちょうど良い歯の白さというのは、なんともあいまいな表現ですよね。歯科治療は医療の一種であり、何となく施術されても不安に感じてしまうことかと思います。そこで有用なのがシェードガイドと呼ばれる器具です。シェードガイドは、いわゆる“色見本”であり、同じ「白」でもたくさんのバリエーションが選択することが可能となっています。

その中からちょうど良い白さを選ぶことになるのですが、とにかく白いことを重視すると、前回のテーマとなっていた「白すぎる歯」になってしまう点に注意しましょう。その際、参考になるのが患者さまご自身の歯です。シェードガイドを使ったシェードテイキング(色の選択)では、治療する歯のすぐ隣の歯に色を合わせるのが一般的となっています。つまり、ちょうど良い歯の白さというのは、患者さまご自身の天然歯の色ということになります。

 

オールセラミックなら色の調整も細かくできる

セラミックにもいくつかの種類がありますが、審美性に最も優れたオールセラミックなら、色の調整も細かくできるため、ちょうど良い白さに仕上げることも難しくありません。これがジルコニアとなると単調な色となりがちで、仕上がりに違和感が生じてしまうこともあります。歯科用プラスチックであるレジンを用いた場合はなおさらです。そういう意味で市色調をしっかり合わせたい方にはオールセラミックがおすすめといえます。

 

皆さんが美しいと感じるのはどんな白さですか?

美しいものに対する価値観には個人差があるため、歯科医師が推奨する白さが必ずしも患者さまにとってベストになるとは限りません。仮に、患者さまの歯と同等の色調、透明感、光沢、質感をセラミックで再現できたとしても、それが患者さまの考える美しさとは異なる場合もあります。ですから、セラミックを始めとした審美治療を受ける際には、ご自身がどのような白さを手に入れたいと考えているのか、歯科医師にきちんと伝えることが大切です。前回のブログのテーマとなった「芸能人の白すぎる歯」もそれがご自身の希望の色であるなら、実現した方が良いといえます。ただ、ご自身の感覚だけに頼ってしまっても後悔や失敗する可能性もありますので、審美治療は歯科医師に相談しながら、ちょうど良いといえる色や形を模索していくことが重要といえます。

 

当院の審美治療について

ライフ錦糸町歯科クリニックでは、セラミックを使った治療以外にも歯を白くする「ホワイトニング」や目立ちにく入れ歯の「ノンクラスプデンチャー」など、幅広い診療に対応しておりますので、見た目の美しさを追求したい、より快適な入れ歯を装着したいという方は、お気軽に当院までご相談ください。もちろん、人工歯の色のご相談も承っております。

 

まとめ

今回は、歯のちょうど良い白さについて解説しました。とてもシンプルなテーマですが、歯科治療の満足度を大きく左右する重要なポイントでもあるため、事前にしっかと考えておくことはとても大切です。人工歯は数年から数十年使い続けるものであり、可能な限り自然で美しい色に仕上げたいものですよね。


カテゴリー: 未分類

芸能人の歯が白すぎるのはなぜ?どんな歯科治療を受けたの?

2022年10月24日 (月)

テレビや雑誌、インターネットなどで活躍している芸能人は、歯並びから歯の色まできれいに整っていますよね。解像度の高いカメラで接写されることも多い仕事であり、口元の審美性はタレント生命にも直結しているのでしょう。ただ、芸能人の中には歯が白すぎる人もいらっしゃいますよね。極端に白いと違和感の方が勝ってしまうことも多く、どんな歯科治療を受けたのか気になることでしょう。今回はそんな芸能人の白い歯と歯科治療の関係について詳しく解説します。

 

歯が白すぎるのはセラミック治療?

芸能人の中でもほんの一部ではありますが、歯が白すぎる方がいらっしゃいます。前歯がすべて真っ白で同じ色をしており、歯並びも完璧。けれども、人工的な印象がぬぐえないようなケースは、おそらくセラミック治療によるものと考えられます。材料や色調の選択が不適切で、審美治療の技術や経験が低い歯科医師が担当すると、違和感を生じさせる仕上がりとなってしまうため要注意です。

皆さんもおそらく白すぎる歯には、あまり良い印象を抱かないことでしょう。ここで勘違いしていただきたくないのがセラミック治療の効果です。そもそもセラミックというのは、天然歯の色調や透明感、光沢などを忠実に再現できる素材であり、適切な方法で治療すれば「歯が白すぎる」という仕上がりには至りません。もちろん、患者さん自身がそうした白さを求めているのであれば話は変わりますが、基本的にはもっと自然な美しさに仕上げることが可能なのです。

 

歯が持つ本当の美しさとは

私たちの歯はもともと真っ白な組織ではありません。エナメル質は半透明な組織で、その下にある象牙質は黄色みがかっており、健康な状態でも少しだけ黄ばんで見えます。また、エナメル質には特有の光沢がありますよね。優れた歯科治療というのは、そうした歯が持つ本来の美しさを忠実に再現することであり、人工歯をとにかく真っ白に仕上げることではありません。ですから、芸能人の白すぎる歯に憧れることはあまり良いことではないのです。

 

ホワイトニングとの関係は?

芸能人の白すぎる歯を見て、ホワイトニングをやりすぎたのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。確かにホワイトニングも不適切な方法で施術した場合、過剰に白くなることもありますが、複数の歯が均一に真っ白になることはまずありません。ホワイトニングも自然な白さに仕上げることができる治療であり、適切な施術を受けることで満足のいく結果が得られますよ。

 

当院のセラミック治療

ライフ錦糸町歯科クリニックでは、審美素材の中で最も美しい「オールセラミック」による治療に対応しております。被せ物であるクラウンに関しては、色の選択が可能なものから、ハイグレードなものまで幅広くご用意しておりますので、関心のある方はお気軽にご相談ください。芸能人のような白すぎる歯ではなく、天然歯の健康的な美しさを忠実に再現した人工歯を提供することができます。

 

まとめ

今回は、芸能人の白すぎる歯について解説しました。明らかに人工物に見える白い歯は、色調の選択が不適切なセラミック治療であるケースが多いです。もちろん、審美的な価値観は人それぞれであり、歯が真っ白であることを理想とする感覚も間違いでありません。ですから、セラミック治療を受ける際には、ご自身がどのような人工歯を手に入れたいのか、あらかじめイメージしておくことが大切といえます。ライフ錦糸町歯科クリニックなら、患者さんのご要望をお聞きした上で、最善といえる色調や形態のセラミック歯をご提案できます。


カテゴリー: 未分類

歯科のセラミック治療は医療費控除の対象?

2022年10月10日 (月)


セラミックを用いた歯科治療は、原則として保険が適用されません。最近は保険で入れられる白い歯に注目が集まっていますが、あれは厳密にいうとプラスチックであり、セラミックではないのです。

そのためセラミック治療は費用が比較的高く、なかなか一歩踏み出せないという方もいらっしゃることでしょう。そんな方には是非とも医療費控除について知っていただきたいです。

 

セラミック治療も医療費控除の対象です

医療費控除というと、保険診療の治療にしか使えない制度のように思われがちですが、実際はそうではありません。例えば、歯並びをきれいに整える歯列矯正は医療費控除の対象となるのは有名ですよね。その他、インプラント治療や今回ご紹介しているセラミック治療でも、医療費控除を利用することができるのです。いずれも比較的高額な費用がかかる歯科治療であり、医療費控除の条件をクリアできるケースがほとんどといえます。

 

どんなセラミック治療が対象内?

セラミック治療には、ラミネートベニアやセラミッククラウン、セラミックインレーなどさまざまな種類がありますが、基本的にどれも医療費控除の対象内です。当院ではセラミックインレー(単純型)を30,000円未満で治療しているため、それ単独では医療費控除の条件を満たすことができませんが、申請する際にはその他の治療費も含めて良いため、結果的に控除を受けることが可能となります。

 

医療費控除について

◎年間の医療費が100,000円を超えた場合に利用可能

医療費控除は、1月1日から12月31日までに支払った医療費の総額が100,000円を超えた場合に申請できる制度です。しかも、世帯主だけでなく、生計が同じご家族全員の医療費を合わせることができるため、セラミック治療を受けた際にはほとんどのケースで申請が可能となるといえます。ちなみに、当院でも取り扱っているオールセラミッククラウンのハイグレードだと費用が90,000円弱となることから、その時点で医療費控除の条件をほぼ満たしているといえます。

 

◎どの費用まで申請できる?

医療費控除で申請できる費用は、具体的な治療費だけではありません。つまり、上記の例だとオールセラミッククラウンの費用だけではなく、その前にかかった虫歯治療の費用や処方された薬剤の費用、通院にかかった交通費(公共交通機関を利用した場合に限る)なども医療費控除に申請することができるのです。この点は意外に知らない方も多いので、きちんと把握しておく必要があります。

 

医療費控除の申請方法

医療費控除は毎年、2月16日から3月15日の1ヵ月間に設けられる確定申告の期間中に申請します。申請に必要な書類は国税庁のホームページからダウンロードできますので、気になる方はチェックしてみてください。これまでは医療費控除の申請の際に、治療費の領収書を提出しなければならなかったのですが、近年、それが不要となったため、手続きもかなり簡素化されています。医療費控除は最大5年までさかのぼって申請できることから、過去にセラミック治療を受けた場合でも、今年の確定申告の時期に手続きすることも可能です。

 

まとめ

今回は、セラミック治療を受けた場合の医療費控除について解説しました。セラミッククラウンやセラミックインレーなどを装着したときの治療費は基本的に医療費控除の対象となりますので、該当されている方は是非ともこの制度をご活用ください。セラミック治療の医療費控除についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽にライフ錦糸町歯科クリニックまでご連絡ください。


カテゴリー: 未分類

セラミックを使った歯科治療について

2022年9月26日 (月)


昨今、セラミック材料を使った歯科治療の人気が高まっています。いわゆる“銀歯”のデメリットやリスクが広く知られるようになり、見た目が美しく、体にも優しいセラミックに注目が集まるようになったのでしょう。今回はそんなセラミック治療について詳しく解説します。

 

セラミックって何がいいの?

セラミックは、皆さんの身の回りでもお皿や包丁、洗面台などに使われている比較的身近な材料といえます。いずれも白くて美しい光沢を放っており、汚れが付きにくいなどのメリットがありますよね。歯科治療で使用するセラミックもほぼ同じような性質を備えているため、失った歯質を補う材料としては極めて優れているといえます。具体的には次に挙げるようなメリットがあります。

 

  • 見た目が白くて美しい
  • 天然歯の光沢や透明感を再現しやすい
  • 硬くて壊れにくい
  • 材料の安定性が高く、経年的な変色・摩耗が起こりにくい
  • 汚れや臭いを吸着しにくい
  • 歯とぴったり適合されることができる
  • 金属アレルギーやメタルタトゥーのリスクがない

 

このように、セラミックを用いた歯科治療では、実にたくさんのメリットが得られるのです。

 

セラミックを使った装置の種類

セラミックを歯科治療の装置の種類としては、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などが挙げられます。

 

◎オールセラミックインレー

オールセラミックインレーとはセラミック製の詰め物で、軽度から中等度の虫歯治療で適応されます。失われた歯質は部分的であり、セラミック製の装置も小さめです。欠損の形や範囲によって、単純型と複雑型の2つに分けられます。ちなみに当院では、オールセラミックインレー(単純型)を27,280円、オールセラミックインレー(複雑型)43,780円で承っております。詰め物の範囲がもう少し広くなったアンレーに関しては、オールセラミックの場合で49,280円となっております。

 

◎オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、セラミックのみで構成された被せ物です。歯の頭の部分である歯冠全体を覆うものなので、使用する材料によって見た目が大きく変わりますが、審美性の高いセラミックなら最高とのいえる仕上がりが期待できます。当院ではそんなオールセラミッククラウンでもスタンダードなもの(54,780円)とシェード選択が可能なもの(65,780円)、そして最も品質が高いハイグレードなもの(87,780円)をご用意しております。素材の違いについては、当院までお問合せいただけたら幸いです。

 

◎ジルコニア

歯科のセラミックにはもうひとつ「ジルコニア」という素材もあります。透明感や色調においてはオールセラミックに劣るものの、耐久面においては非常に優れた素材であり、金属に匹敵するほどの硬さを備えています。ですから、歯ぎしり・食いしばりなどの悪習癖があったり、強い力がかかる奥歯の治療が必要であったりする場合は、オールセラミックよりジルコニアの方が適しているといえるでしょう。値段に関しては、ジルコニアの方がオールセラミックよりやや安いのが一般的です。

 

まとめ

今回は、セラミックを使った歯科治療について解説しました。一言でセラミックといってもいくつか種類があり、それぞれで性質が異なりますので、ケースに応じた最適なものを選ぶことが大切です。そんなセラミック治療についてさらに詳しく知りたい方は、いつでも気軽にライフ錦糸町歯科クリニックまでご連絡ください。


カテゴリー: 未分類

歯科医院で働く管理栄養士

2019年7月30日 (火)

皆様初めまして。管理栄養士の佐山です。

何度も虫歯を繰り返してしまう方や、歯ぐきの腫れに改善の少ない方は、

もしかすると食習慣や生活習慣が原因かもしれません。

当院ではお口の中だけでなく、食習慣や生活習慣のサポートも行っております!

習慣を見直すことで虫歯や歯周病の予防ができるだけでなく、

血圧や血糖値、貧血や便秘などお身体の改善にも繋がります。

当院には、管理栄養士以外に保育士も働いております。

歯科医師、歯科衛生士、保育士、管理栄養士のチームワークで、

お口の健康からお身体の健康まで、お子様から大人まで、

皆様のサポートをさせて頂ければと思います!

お口の治療や予防に加えて、より健康で元気な身体を一緒に目指しませんか?

気になることがあれば気軽にお声がけください☆彡


カテゴリー: 未分類

歯医者の受診にはコツがある!③

2018年11月19日 (月)

他にもここに注目!

歯医者を受診する際には下記のポイントにも注目しましょう。

歯医者の予約を取る時に皆さんは日曜診療・土日の対応・祝日の診療などの時間に注目して歯医者を選びがちですが、実はこのような探し方以外にも様々な注目点があります。

 

歯医者の中にはドライマウスや顎関節症、クリーニングや歯科健診などの予防歯科といった様々な特色を打ち出した治療を行っていて、ホワイトニングなどの美容診療などの保険診療が使えない治療を行う場合には専門性の高い歯医者で治療を受けた方がより良い治療を受けるチャンスが高くなります。

 

介護が必要な家族の治療が必要な場合には訪問歯科を利用する必要があります。徒歩圏内にあるから、評判がいいからといった情報も重要ですが、しっかりと歯医者の特徴を考えながら病院を選ぶとより満足のいく歯医者選びができます。

 

歯医者の中にも様々な専門領域があり、歯医者の経歴やスタッフの経歴などによってその歯医者の特徴がよく理解できます。患者さん自身がしっかりと満足のいく治療を受けるように調べる事でより自分にあった歯医者を選ぶ事ができます。しっかりと治療を受けて歯医者を利用する事ができるように情報集めを入念に行いましょう。


カテゴリー: 歯の豆知識

歯医者の受診にはコツがある!②

2018年11月5日 (月)

症状を伝えるとスムーズに治療を受けられる

初診にかかる時にはあらかじめ症状を伝えておくと便利な事があります。どのようなことを伝えるべきか注意しておきましょう。

 

・虫歯の症状を伝える注意点!

 

虫歯の症状を伝える時には痛みや冷たいものがしみるのかどうかといった情報が役立ちます。また小児の治療であれば年齢や歯の生え変わり・矯正治療をあらかじめ検討しているのかどうかといった情報まで連絡しておくと非常にスムーズに治療を受ける事ができます。子供の治療では予防も非常に重要なので、予防歯科の対応が可能かどうかあらかじめ伝えておくと歯科医院の方から治療の計画の提示をスムーズに受けられます。きちんと伝えるべき情報は伝えるようにしましょう。

 

・歯周病は伝え方が非常に重要

 

歯周病の治療は非常に長い期間通院が必要になるので、特に症状の伝え方が重要です。口臭が気になる程度で痛みなどがないのか、義歯があっているのかどうか、といった情報も歯医者の治療の時間に影響を与える要素なので、この情報は欠かせません。

 

・歯が折れた時には急いで指示を仰ごう

歯が折れてしまった時にはまず電話をしてどのような対応をすればいいのか聞く事が重要です。その後極力早めに治療を受け、適切な処置を受ける必要があります。歯が折れてしまっている場合には状態によって口腔外科的な治療が必要になることも出てきたり、インプラントの治療が必要になる場合もあります。しっかりと情報を伝えて指示を仰ぐようにしましょう。


カテゴリー: 歯の豆知識

歯医者の受診にはコツがある!①

2018年10月22日 (月)

皆さんは歯医者を利用する時にどのように予約を取っているでしょうか。電話で初診予約をとったり、ネットを使って再診予約を取り付けたり、場合によっては受付ですぐに次回の予約を決めることもあると思います。歯医者の受診をする時には予約を取ってから次回の治療の予定を立てるまでの間に実はいくつか気をつけたいポイントがあり、しっかりと基本を理解しておくと役立ちます。上手な歯医者の利用法を理解しておきましょう。

 

歯医者の予約方法

・事前予約のメリット!混雑するタイミングを知って活用しよう

歯医者の予約を取る時には実はいくつかコツがあります。歯医者の予約を取る時には実は口コミを有効活用すると良く、あらかじめ患者さんで混雑する時間帯や平日のどの時間が空いているかを把握しておくとスムーズに待ち時間なく予約を取る事ができます。クリニックによってはキャンセル待ちの連絡をしてくれる場合もあるので、利用を検討してみるといいかもしれません。

 

どの時間帯が混雑しているのかわからない場合には専用の予約アプリや電話を使って調べる事ができるクリニックもあるので、利用してみるといいでしょう。

 

・電話での対応に要注意

 

電話で予約を取る時にはあらかじめ希望の時間を伝え、いくつか候補を挙げておくといいでしょう。電話を使った予約を取る時にはスタッフの応対の丁寧さなどが手に取るようにわかるので非常に便利です。満足いく歯医者を利用できるように気をつけたい重要なポイントです。治療の時間がかかる口腔外科の治療や、虫歯の治療でも時間がかかる場合があるので、再診の予約を取る時にあらかじめ治療内容を伝えて、診療に必要な時間を聞いておくとスケジュール管理が非常に楽です。しっかりと注意しておきましょう。

 

 

・webシステムを使う時にはここに注意しよう!

webシステムを利用して歯科医院の治療の予約を取るのは最近になり当たり前になっています。この時に注意したいのが、待ち時間です。あらかじめ電話をして予約の時間通りに出向いて、待ち時間なく治療を受ける事ができるのか確認をしておくと計画をスムーズに立てられます。気をつけておきましょう。

 


カテゴリー: 歯の豆知識

病気になった時の歯医者選びの注意点!

2018年10月8日 (月)

予防に力を入れて居てもどうしても病気になってしまう事がありますし、親知らずがまっすぐに生えてこない場合には抜歯が必要になります。しっかりと口コミやホームページの情報を活用して歯医者を選ぶようにしましょう。

 

・虫歯の対応の注意点

 

虫歯の治療を受けたいと思う時に気をつけたいのが歯医者の治療技術と麻酔を利用した痛みへの対応です。美容歯科に力を入れているところでは保険適応にならない虫歯治療などを行なっている事があるので、しっかりと満足のいく治療を受ける事ができるのか、日曜でもトラブルに応対してもらえるのかといった着眼点で治療を受ける事が非常に重要です。

 

 

・歯周病の対応は非常に重要

 

歯周病の治療の評判も非常に重要です。歯周病は長期に渡って治療を受ける必要がある疾患で、患者さんのモチベーション維持が上手な歯医者に通院すると長期間治療を受け続ける事ができます。

 

長期の通院が必要になるということはキャンセルの時の対応や再診予約をとる時のスムーズさ、この他にも予約をwebで取るための手続きなど様々な要素をテキパキと進める事が必要になります。歯医者での治療を円滑に受けるためにもしっかりと評判をチェックしたり、口コミをチェックしてスケジュール変更がやりやすい病院を選んでおく事が重要です。しっかりと治療を円滑に受ける事ができるように、病院のチェックを欠かさないようにしましょう。

 

 

・親知らずの治療にも注目!

親知らずの治療を受ける時には歯医者の経歴についての情報を集める必要があります。口腔外科にどれだけ知見があるのか、他の病院に紹介をする時にもデンタルやパノラマなどの治療の情報をどれだけ提供してもらえるのかといった評判は非常に重要な要素です。口腔外科の治療は不安がどうしてもつきまとってしまいます。女性でも安心して治療を受ける事ができたり、持病があっても安心して治療を受ける事ができるように適切な治療の方針を説明してくれる病院選びやクリニック選びは患者さんが安心して治療を受けるために欠かせませsん。しっかりと治療についての情報を集めて病院選びに役立てるようにしましょう。

 


カテゴリー: 歯の豆知識

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで