ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

笑顔虫歯や何らかのアクシデントで失われた歯についての治療は大きく分けて3種類あります。「入れ歯」、「インプラント」、「ブリッジ」です。

しかし、「入れ歯であるとすぐにわかってしまうのが気になる」「インプラントは高額だ」「ブリッジは虫歯が心配」など、それぞれに悩ましい点があります。特に入れ歯は、「笑った時にバレるのが難点」というように、自然な見た目ではないという部分が課題だと感じる方は多いのではないでしょうか。

そんな患者様におすすめしたいのが、「ノンクラスプデンチャー」です。これは、自然な見た目でしっかり噛めるという今までの入れ歯の弱点を克服した、新しいタイプの入れ歯です。

「ノンクラスプデンチャー」のメリットをご説明する前に、その他の治療方法についてのメリットとデメリットを整理してみましょう。

インプラントについて

インプラントインプラントは、チタンという金属の一種をアゴ骨に留めます。そしてそれを土台として被せ歯をする外科手術です。メリットとしては見た目の自然さが挙げられます。また、チタンをアゴ骨に留める構造は、自然な歯と似通っているため、まるで自分の歯を手に入れたかのような感覚もあります。
もっとも、外科手術が必要であり治療費が高額になりやすいこと。そして、チタンとは言え、アゴ骨に対して固定を行うという体に負担を掛ける治療法であるという課題を抱えています。また治療期間の長さも悩ましい部分です。
加えて言えば、近年インプラント治療を行う歯科医が増えていることもあり、知識・技術を兼ね備えた信頼できる歯科医を選ぶのが大変になってきているという実情があります。

ブリッジについて

ブリッジは失われた歯の隣に位置する歯を削って土台を作り、その土台に橋を架けるように人工の歯を補う治療法になります。費用的な負担はインプラントよりも少ないと言えます。また、見た目の自然さは一般的な入れ歯よりも上と言えるでしょう。
ブリッジのデメリットは、失われた歯を補うために、あえて健康な歯を削らなければならないという点にあります。また、ブリッジを架けるということは、それを支える「土台」となる削られた健康な歯に大きな負担がかかることになります。負荷がかかると、場合によっては削った歯が弱くなり、さらに土台である歯を削って、という悪循環に陥る可能性は否定できません。加えて言えば、土台部分が虫歯になりやすくなるというのも懸念点です。

ノンクラスプデンチャーのメリット

入れ歯だと分からないほどの自然さ

ノンクラスプデンチャーは、一言でいえば「金具のない入れ歯」です。金具がないため、自然な歯に見える点が最大のメリットです。大きく口を開けても、一見して入れ歯だと分からないほどの自然さがあります。


金具の調整を必要としない

金具を使用していないということは、言い換えれば、保険診療の入れ歯のように金具の調整を要しないということにもなります。通常、保険診療の入れ歯では、金具の調整に手こずったり、調整しても装着後に痛みがでたりと、いわゆるお手入れでの大変さがあります。 ノンクラスプデンチャーはこのお手入れのわずらわしさもないと言えます。


装着感が良好

金具を用いず素材が軽くて柔らかいため装着感も良好であることもポイントです。このフィット感が、固いものでも噛める使用感にもつながります。

ノンクラスプデンチャーはどのような人におすすめ?

これまで説明してきましたように、ノンクラスプデンチャーのメリットは、なんといっても入れ歯とは思えない見た目の自然さにあります。
そのため。入れ歯の見た目を気にされる方、入れ歯で思いっきり笑いたい方など「入れ歯に起因する見た目の不自然さ」に悩みを持つ方におすすめいたします。

※ご注意点として
ノンクラスプデンチャーは保険診療ではなく、自費診療となります。そのため、治療においては説明を十分にお聞きいただき、費用面などにご納得いただいた上で治療をはじめてください。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで