歯の豆知識

全部が銀色の被せ物であるFMCの特徴

2016年10月19日 (水)

FMCとはフルメタルクラウンのことで、俗に銀歯と呼ばれるものです。金銀パラジウム合金の冠です。
FMC(フルメタルクラウン)の歯科治療は保険でカバーされています。 FMCが前歯や犬歯には使われることはありません。理由は審美性の問題で、前歯には白い歯を入れるのが常識となっています。 FMCに適している部位というのが、咬合の際に力が加わる大臼歯であり、奥歯であれば笑ったときや会話してしたときに銀歯が目立つということはありません。
ただ、FMCに使われる金銀パラジウム合金にアレルギーがある患者さまにはお薦めできない歯科治療です。金属アレルギーのある方は歯医者に相談することをお薦めします。 FMCの歯科治療が保険で適用されるということで、この治療は一般的なものです。
歯医者でもよく行わている治療で、歯型を取った後、FMCを作製するため歯科技工所に歯の模型が送られます。普通、1週間以内にFMCが完成し、歯科医院に配達されます。
FMCは歯科セメントで支台に装着されます。きちんと歯磨きやフロスをして口腔内の清潔を保っていれば、長持ちします。
審美性の関係でFMCをセラミックなどに替えたいと思っている方は歯医者に相談するといいでしょう。ただ、セラミックや金冠などは自費診療で高額になります。

最近の流行としては、セラミックが人気です。金冠(金歯)は昔は人気があり、年配の方で入れられている方が多いです。金は金属アレルギーが少なく、歯科治療には優れた材料と言えます。金銀パラジウム合金は、アレルギー反応が出る人はあまりいませんが、稀に金属に反応してしまう患者さまもいるようです。歯医者でもアレルギーのことは熟知しているので、安心してお話しください。


カテゴリー: 未分類

ジルコニアクラウンのメリット

2016年10月18日 (火)

歯医者,歯科で治療を受ける時、セラミック治療を受けることがあります。
その時、いろいろな説明聞くことになります。 その歯医者,歯科の説明の中には、治療費について話されることがありますね。
そのため、その説明お聞いた時、できるだけやすく仕上げたいと思うこともあります。 そんなに変化がないと、理解をしてしまうからです。

しかし、そのセラミック治療の中でも,いろいろな種類があって、その少し高い治療のメリットを聞くと、そっちのほうがいいと思うこともあるのです。

そのメリットを確実に感じることができる治療方法として、ジルコニアクラウンがあります。これは、歯医者,歯科では少し高めの治療となっています。 その分メリットも大きいです。

その一つに、とても高くて丈夫であるということです。丈夫なので、奥歯にも使うことができます。 また、丈夫であるということでその使用範囲が広がります。 ブリッジ等にも、使うことが出来るのです。

そして、ジルコニアクラウンの場合は、変色を起こさないということがあります。 時々、黒く変色をしている歯を見ることがありますね。 そのような心配をすることがなくなります。

また、なんといっても体に優しい治療方法であるということです。 まず金属アレルギーを起こす心配がありません。
金属アレルギーは、自分が知らない間に起きていることもあります。 そのことを知らずに、体調が悪いということもあるのです。 そんな心配をすることもないので、とても安全な治療方法となっています。


カテゴリー: 未分類

メタルボンドとオールジルコニアとの違い

2016年10月17日 (月)

歯科には歯医者の腕によっていいものと悪いものが出てきます、やはり評判の良い所が安心できますし任せられるものです。
メタルボンドとオールジルコニアとの違いとは同じ作られた歯でも透明感が断然違うものです、人工で作れらたものですがやはり質感が断然違うものです。
透明感があり自然に近いものはオールジルコニアのほうが透明感がまさに人の歯に近く歯科でも歯医者の腕にもよりますがこちらを選ぶと無難なものだと思われます。
メタルボンドとオールジルコニアとの違いは同じものですが前から見ると自然の歯に見えます、しかし葉の裏から見るとメタルボンドは金属が見えており気になる人以外はやめるのが良いかもしれません。
一方オールジルコニアは前から見ても裏から見てもきれいなものであり自然の歯と間違うほどでありこちらを選ぶと気になることは無いものでしょう。
このようにメタルボンドとオールジルコニアは歯科で歯医者選びが大事なものだといえるでしょう、せっかく作ってもらえますし長く使うものですので自分の歯に合ったものでないとならないからです。
口の中を人に見せることはあまりないものですがやはり歯は一生付き合うものですのでこだわりたいものではないかと思われます、前は自然に見えてわからないものですが歯の裏なども見えないこだわりがある方が無難な選択ではないでしょうか。
金属が見えないほうが良いですし予算があるのでしたら少々値が張るかもしれませんがオールジルコニアが良いものでしょう。


カテゴリー: 未分類

根管治療とはどんな治療であるのか

2016年10月16日 (日)

根管治療とは、よく、歯科で歯医者に治療の説明を受ける際、耳にする事が多い、歯の根の治療の事です。

虫歯の進行が進んでいる場合、この根管治療、すなわち、歯の根に治療が必要になっており、また、根管治療を行う際は、長い治療期間が必要になってくる場合が多くなっています。
しかし、歯科で歯医者に根管治療として、根の治療を行うと言われても、実際、何をしているのかイマイチ、わからない人も多いかと思います。その上、通っても、通っても、なかなか、治療が終わらず、いらいらする人も少なくありません。

根管治療とは、虫歯によって汚染された根をきれいにする治療となっており、この根の治療を十分に行う事で、最悪の事態である歯を抜くと言った事を避ける事が可能になってくるのです。その為、いくら時間がかかっても、自分の歯を守る為には、根気よく、治療を進めて行く事が大切になってくるのです。
根管治療の方法は、歯に穴を開け、根に薬を注入し、清掃を繰り返し、行う流れになっています。この治療方法は、どこの歯科でも基本的に同じ流れになっていますが、実際、同じ治療でも、見えにくい根の治療と言う事で、その点において、歯医者の腕の良さで大きな違いが現れる治療方法だとも言われています。

痛みを伴う事も多い根の治療な上、十分な治療が必要だと言える治療になる為、腕の良い確かな治療を行ってもらう事が非常に大切になってきます。そうする事で、痛みも軽減させ、苦痛なく、治療を行う事も可能です。


カテゴリー: 未分類

メタルフリーになることでどのようなメリットがあるのか

2016年10月15日 (土)

近年注目されている歯科治療の考え方に、メタルフリーというものがあります。

メタルフリーは金属を用いない歯科治療のことを指し、銀歯や金歯を使わない虫歯治療がそれに該当します。

歯科の歴史にて古くから使われてきた金属治療の手段には、金属ゆえのメリットもあればデメリットも存在します。詰め物としての手軽さや強度をメリットとするならば、デメリットはその強度によって歯にかかる負担にあると言えます。

金属は詰め物や被せ物として高い耐久性を誇りますが、万能の物質ではありません。歯とはあまりに異なる性質を持つために、歯を割ったり弱らせたり、接着の部分に不具合が生じたりすることが少なくないのが金属です。
歯と金属が上手く接合していないところから虫歯菌が侵食したり、銀歯の影響で金属アレルギーを発症したり、金属を使って治療を行っても、その先にトラブルが起こる可能性はあります。歯医者が提言するメタルフリー治療とは、それら金属治療によるリスクの全てをゼロにできる方法なのです。

メタルフリー治療のメリットとして、歯医者が挙げているものの中には、審美性というものもあります。金や銀に光って、治療の痕跡をあらわにする金属とは違い、セラミックを初めとするメタルフリーの治療法では、歯の美しい白さを維持し続けることが可能です。

金属に対してアレルギーを持っている人や、虫歯の治療痕を目立たせたくない人にとって、メタルフリーの概念はとても魅力的なものと言えます。関心を持つ人は積極的に歯医者に相談し、治療についての詳しい情報を求めていくのがよいでしょう。


カテゴリー: 未分類

ファイバーコアとメタルコアの違い

2016年10月14日 (金)

歯医者,歯科を受診した時、歯の治療として抜歯の選択をされることがありますね。
その時、とても辛い気持ちになります。 それは、なんとか自分の歯を残しておきたいと思うからです。 しかし、めちゃめちゃな状態になった時、その選択肢も仕方がないこともありますね。

そしてその状態になる前に、神経を取った後に、そこに歯の土台を作る事によって、歯を長持ちさせることができます。
その歯の土台については、ファイバーコアとメタルコアがあります。 メタルコアというのは、歯が黒くなったり、歯が黒く見えたりするデメリットがあります。
やすく仕上げることがで着るので、その治療を歯医者,歯科で選択することがありますね。
しかし、そのことを軽く選択してしまって、後で後悔をすることもあります。

その点、ファイバーコアの場合は、そのようなデメリットを感じることがありません。
そのため、見た目がまず満足することが出来ます。 治療した歯が黒ずんでくると、辛いですね。

また、メタルコアの場合は、歯の健康のためにもいいのです。 アレルギーを起こす心配もないので、安全な治療方法となります。

歯医者,歯科を受診した時、そのことについてよく知識を持っておくと、選択をするときに役立てることが出来ますね。長く自分の歯の健康を守りたいと思った時には、メタルコアよりもファイバーコアをおすすめします。

歯が健康的であると、その人の健康も増進されます。 長く食事を美味しく食べることができるように、治療方法について理解を深めておきましょう。


カテゴリー: 未分類

歯の土台をファイバーコアにするメリット

2016年10月13日 (木)

歯は食べ物を美味しく食べるために、とても大切な部分です。 そのため、体の健康の位置づけとして大事に考えたいですね。

そんな時、歯医者,歯科を受診した時、歯の神経をとってしまう治療をされることがあります。 その時、神経がなくなることによって、そのリスクをもつことになるのです。 リスクというのは、神経を失ってしまった歯がもろくなるということです。 かけてしまうことがあったり、割れてしまうことがあります。

そんな事にならないためには、歯医者,歯科でファイバーコアという治療を受けることで、そのことを防ぐことができます。 それは嬉しい事ですね。
歯がもろくなってしまうと、抜歯をすることもあるのです。 それよりも、そのことを防止することができると助かります。

歯医者,歯科では、歯の土台として別のものを使うこともあります。 それを使うのは、保険診療で行うことができるというメリットがあるからです。
しかし、その治療方法は安いということがありますが、デメリットもあります。 それは、歯が割れてしまったり、黒くなる恐れがあるということです。
そんなことになると、辛いですね。

その点、ファイバーコアにすると、歯が折れる事を防ぐことができます。 また、歯や歯茎が変色をすることを防ぐことも出来るのです。
歯が黒くなったり、歯茎の色が悪いと、とても辛いですね。 思いっきり笑うことも、躊躇するようになるかもしれません。
また、金属アレルギーなどの心配もないので、その点でも安心して治療を受けることが出来ますね。


カテゴリー: 未分類

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

2016年10月12日 (水)

ふっと鏡を見て、差し歯と歯茎の境目が黒ずんでいる、と気になったことはありませんか。これはメタルタトゥーと呼ばれる症状です。

差し歯の治療をする際には、歯の内部の金属製の釘のようなものを専門の器具で削り出します。その時に、まき散らされた金属の欠片が歯茎に食い込んでしまい、それがやがて黒く変色してメタルタトゥーとして目に見えるようになってしまいました。

メタルタトゥーを防ぐには、歯を形成する際に金属を使用しないことです。しかし、現在の保険内の治療では、どうしても最低限の治療しかできず、金属を使わなければならない状況にあり、どうしてもこういった症状は起こりやすくなってしまいます。歯茎の組織の中に金属の欠片が入り込んでしまっているため、それを除去するためには手術をするか、レーザーで焼きとるしか方法はありません。

このような施術をしてくれる歯科医院は少ないです。

また、歯茎の変色に関しては、保険治療では非常に多くの人に現れるごく一般的なものであり、特に害はありません。そのため、保険内でメタルタトゥーを治すのは、非常に難しいです。しかし、お金はきにせず、黒ずみを直したいという人はいると思います。その場合は、差し歯に使われている金属を非金属に変える治療が中心になります。ファイバーコアやセラミックなどです。見た目も自然な仕上がりになります。この治療を行えば、多少費用はかかりますが綺麗な歯茎に戻ることは可能です。


カテゴリー: 未分類

根管根充とはどのような状態のことをいうのか

2016年10月11日 (火)

根管根充(根管充填)は、歯科で行われる根管治療のプロセスのひとつです。

歯の内部組織(歯髄)を取り除いて整形した穴(根管)に人工物を流し入れ、その隙間をふさぎます。この時根管に充填されるのは、後で固まる性質を持つゲル状物質か、熱や薬剤で軟化する固形物かのいずれかになります。現在、歯科で用いられているのは固形物系のガッターバーチャと呼ばれる物質で、セメントをつけて充填されるのが一般的です。
根管根充には『側方加圧充填』と『垂直加圧充填』の2通りの方法があり、それぞれに長所と短所があります。
側方加圧充填では、太さの異なるガッターバーチャ製の充填材を隙間に押し込んで塞ぎます。根の先まで緊密に差し込むのが難しいことや、根管の細かい枝分かれには対応しづらいといった短所を抱えています。一方で、充填前に根管を削る量が少なくなるため、歯の強度を保つことは容易です。
垂直加圧充填の場合は、熱や薬剤により軟化させたガッターバーチャ製の充填材を分割し、少しずつ根管に加圧して詰めていきます。根の先までしっかりと充填剤が行き届きますが、その分根管をきれいな形に整形する必要があり、歯の切削量も多くなります。大臼歯や犬歯など、一部の歯では根管根充を行えないことも、この方式の短所と言えるでしょう。
いずれの方法でも、根管への充填が不十分な場合には、術後に歯の痛みや剥離などのトラブルに見舞われる可能性があります。必ず信頼のおける歯科医に相談し、適切な根管治療を受けてください。


カテゴリー: 未分類

根治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?

2016年10月10日 (月)

虫歯に気がついたら出来るだけ早く歯医者に行く必要があります。虫歯は病気とは違い自然に治るという事は絶対にありません。放っておくとどんどん症状は酷くなっていきます。

そのため、歯医者に行く必要があるのですが、どれくらいで根治するのか不安になると思います。では、根治までにどれくらいの期間が必要か紹介します。
表面だけの虫歯なら2、3回で終了しますのでそこまで時間もお金もかかりません。この場合は自覚症状がなく歯医者の定期検診で見つかることが多いです。時間がかかるのは根の先の奥のほうまで炎症が広まってしまっている時は根治するまでにかなりの時間を要します。ですが放っておくとさらにひどい状態になります。またこの頃になると自覚症状が現れ何もしていなくても痛みが強く、ひどい場合だと夜眠れないくらいになります。ですので、イヤでも歯科に行く必要が出てきます。ですが、それでも一日でも早く治さなくてはいけないのですぐに歯医者に行ってください。このまま放っておくと治療の期間や再感染の機会が増えたり、歯としての機能が失われる事もあります。また、麻酔など深いな治療が増えますます歯科嫌いになります。虫歯が表面だけなら治療もほぼ痛みが伴わず簡単に出来るので早めに治す事をオススメします。

早く見つけるためには定期健診が必ず必要なので最低でも年に1回は定期健診をしてもらってください。歯科に通って虫歯を早く見つけてもらって治療するのが歯がいつまでも健康でいられる秘訣です。


カテゴリー: 未分類

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで