歯を白くしたい

ホワイトニングとは

ホワイトニング比較ホワイトニングとは、1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。 施術方法は、歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗ります。

これにハロゲンライト、プラズマライト、レーザーなどをあててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。 このホワイトニング技術が実用化されたことにより、それまで歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、自分の歯を残して白くすることが出来るようになりました。

ただし、効果は個人によってかなりの差があります。子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人、元々歯の色が濃い人などはホワイトニングの効果は低くなります。また、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。さらに、ホワイトニングにはメンテナンスが不可欠です。

治療風景1回白くすれば終わりというものではありません。定期的なメンテナンスをしていかないと徐々に歯の再着色が起こります。一般的に、半年位から色が付き始め、何もメンテナンスをしないと約2年で元の歯の色に戻ってしまいます。

日本の歯の治療に関しては、治療が終了するとそれで終わり、痛くなったら保険診療で治せばいい、と思っている人が多いのではないでしょうか。実は歯に限らず体の病気は定期的なチェックとメンテナンスが必要かつ重要なのです。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで