歯並びが気になる

不正咬合(ふせいこうごう)とは?

笑顔不正咬合(ふせいこうごう)とは、歯並びや咬み合わせが悪い状態のことを言います。不正咬合は、見た目が気になるほか、ガタガタに生えている歯並びのため、隅々まで歯ブラシが届きにくく、プラークが蓄積しやすくなります。そのため、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいと言われています。

不正咬合は特徴に応じて、いくつかの種類に分類されています。
治療方法は、不正咬合の種類や症状、患者様のご要望、生活習慣などによって異なります。

叢生[そうせい](前歯のデコボコ、乱杭歯[らんぐいば])

叢生[そうせい]叢生は、歯並びが凸凹であったり重なり合ったりしている状態を言います。主な原因は、あごの大きさに比べて歯が大きいことです。歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクが高いと言われています。

上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)

上顎前突[じょうがくぜんとつ]上顎前突は、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。俗に「出っぱ」と言われています。 主な原因は、前歯の角度異常や、上顎の過成長、下顎の成長不足、指をしゃぶるなどの口腔習癖と言われています。

下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)

下顎前突[かがくぜんとつ]下顎前突は、下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。俗に「受け口」と言われます。奥歯に虫歯ができやすかったり、サ行やタ行などの発音がしにくかったりする場合があります。

開咬[かいこう]

開咬は、奥歯は噛み合ってても、前歯の上下は開いていて噛み合わない状態を言います。
前歯が開いているので、前歯で物を咬み切るが出来ません。原因は、子どものころからの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが挙げられます。

過蓋咬合[かがいこうごう]

開咬[かいこう]過蓋咬合は、上の歯と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど噛み込んでいる状態を言います。深く咬んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に咬む力が多くかかり、歯が摩耗しやすいです。

空隙歯列[くうげきしれつ]

空隙歯列[くうげきしれつ]空隙歯列は、顎の大きさに比べて、歯が小さかったり、歯の数が少なかったりすることが原因で、隙間が多くなっている歯並びを言います。歯間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みを持っている方も多くいます。

正中離開[せいちゅうりかい]

正中離開[せいちゅうりかい]正中離開とは、前歯の間に隙間がある状態を言います。俗に「すきっ歯」と言われます。正中埋伏過剰歯(萌出することなく骨の中にとどまっている余分な歯)が原因で起こる場合と、上唇小帯(上唇の裏側にあるスジ)の発育異常による場合があります。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで