歯がない

歯がないとどうなるのか

歯がない状態で長い間過ごしていたという患者様は、

  • 入れ歯を作ったが合わないのでつけずにそのままにしている

  • 歯を抜いたが入れ歯を入れずいそのままでいる

というケースが非常に多いです。

歯がない場合の解決策は3パターンあります。(※状況によります)


ブリッジ

ブリッジ歯がないところの周囲の歯を利用して、ない部分に歯を装着する治療法です。デメリットとしては、周囲の歯の形を合わせる為に、削ったりしなくてはいけないことです


食事風景歯を抜けたままにしておくと、見た目や食事がしにくくなるといった直接的な問題もありますが、より悪いのは残存歯に負担をかけたり、周りの歯が傾いたり、咬み合わせが徐々にズレはじめることです。咬み合わせがズレることによってお口全体の健康や表情、全身の健康を損ないます。

このような場合、ブリッジだけでは不十分で、歯を失う前の正しい咬み合わせに戻す必要があります。強度の強い材料を使用して、元どおりに咬み合わせに戻すことで、審美的にも美しく、歯と歯のバランスも保てます。

入れ歯

入れ歯入れ歯とは、取り外しができる人工の歯のことです。ご高齢の方が使うものというイメージがありますが、本来何かしらの事情で歯を失った人が使用するものです。

総入れ歯と部分入れ歯があり、保険が適用になるものと自費(10割払う)で作るものがあります。入れ歯の保管方法に関しては、ドラッグストアなどに入れ歯専用の接着剤やクリーナーなどもたくさん売られています。

詳しく見る

インプラント

インプラントインプラントとは、失った歯の部分に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことです。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たすので、咬む力を分散させ、残存歯を守ることにもなります。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで