銀歯が気になる

治療風景もし、虫歯になり虫歯治療で歯を削った場合、保険治療では詰め物や被せ物に銀歯を用いて歯の削った部分を補います。しかし、銀歯は白い歯の中ではどうしても目立ってしまうため、見た目にお悩みの方は少なくありません。

見た目のお悩み以外にも、金属アレルギーが発症してしまう場合があります。他にも銀歯のデメリットはございます。


銀歯のデメリット

  • 金属アレルギーのリスクがある

  • 口を開けると目立つ

  • プラークが付着しやすい

  • 劣化しやすいので長持ちしない

  • 金属イオンが溶け出して歯茎が黒ずむ


銀歯当院がセラミックなど自費の補綴物をおすすめしているのは上記のデメリットを克服しているからです。やはり、保険診療内だと最低限の処置しかできません。

確かに保険診療によって一時的に痛みがなくなり、虫歯が治ったように思えるかもしれません。しかし、銀歯だとプラークが付着しやすく、再び虫歯になる可能性が高くなることは皆様ご存知でしょうか。

お客様にとって歯は一生付き合っていくパートナーです。どうぞ長い目でご自身の体のことを考えてみるといいでしょう。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで