歯が欠けた

歯の神経(歯髄)にダメージが無い場合

欠けた歯の範囲が小さく、神経を取らず(抜髄)に済む場合は、ダイレクトボンディングやラミネートベニアなどの治療が受けられます。


ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング欠損部分にハイブリッドセラミックを詰める治療です。ハイブリッドセラミックとは、自分の歯のような色調が再現でき、詰めた部分が変色しにくいという特徴があります。

また、コストを抑えたい場合は、保険治療でコンポジットレジンを詰める治療法がありますが、食べ物の色やプラークが付きやすいため、経年劣化による着色が目立つことがあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア歯の表面を薄く削り歯型を取って、セラミックやハイブリッドセラミックで出来た薄片(つけ爪のようなもの)を作製して、貼り付ける治療です。

主に前歯に行う治療で、自分の歯を最小限に削って、歯の形や色などの改善を行うことができます。しかし、咬み合わせやお口の状態によっては、治療が難しいこともあります。

歯の神経(歯髄)にダメージがある場合

欠損範囲が大きく、歯の神経を取る(抜髄)必要があるが、歯根を残すことができる場合は、セラミック治療が受けられるでしょう。欠損の程度が大きく、歯を抜く必要がある場合は、ブリッジ・インプラント・入れ歯の3パターンが挙げられます。


セラミック治療

セラミック治療治療する歯の神経を取り除き(抜髄)、薬を詰めて土台(コア)を入れた後に、見た目や素材が優れた補綴物(ほてつぶつ)(オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど)を取り付け、改善させる治療です。セラミック治療は、自分の歯のような色調(自然な白さ)が再現でき、補綴物(ほてつぶつ)が変色しにくいという特徴があります。

コストを抑えたい場合は、保険治療があります。前歯なら硬質レジン前装冠や奥歯なら銀歯を被せる治療法があります。硬質レジン前装冠は、食べ物の色素やプラークが付きやすいため、経年劣化による着色が目立ちやすくなります。また、銀歯は時間が経つと腐食しやすく、そこから再び虫歯になることが考えられます。

インプラント治療

インプラント治療インプラントとは、失った歯の部分に人工歯根を埋め入れる治療です。外科手術となりますが、周囲の歯に負担をかけることなく、歯本来の機能を取り戻すことができます。なお、お口や体の状態によっては、治療が難しいことがあります。

ブリッジ治療

ブリッジ治療欠損部分の両隣の歯を削り、3歯分のブリッジを被せて、抜けた1本分の歯を補う治療です。両隣の歯に負担をかけてしまいますが、素材が優れた補綴物(オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど)で治療を行うことにより、より自分の歯に近い見た目を再現することができます。しかし、空気がもれて発音が難しくなることもあります。

コストを抑えたい場合は、保険治療があります。前歯なら硬質レジン前装冠や奥歯なら銀歯を被せる治療法があります。

入れ歯治療

入れ歯治療自分で着脱可能な部分入れ歯を入れて、抜けた1本分の歯を補う治療です。部分入れ歯を使用することにより、バネをかける歯へ負担がかかることと、経年的に顎の骨がやせてしまう(吸収する)ことなどの問題があります。

見た目や使用感を求める場合は、保険が適用されない自由(保険外)診療となります。自由(保険外)診療はたくさんの素材から選ぶことができるため、「バネが目立たない入れ歯」や「軽くて薄い入れ歯」など患者様のご希望に近づける部分入れ歯を作製することができます。

コストを抑えたい場合は、保険治療になります。保険治療の入れ歯は、歯にかけるバネ以外はプラスチックからなりますので、厚みが出てしまい、食べ物の温度や味が伝わりにくいことがあります。

補綴とは

補綴補綴とは、歯が欠けたり、なくなったりした際に、詰め物や被せ物をすることです。その詰め物や被せ物のことを補綴物と言います。例えば虫歯になり、歯を削ったとき、穴が開いたままにするわけにはいきません。そこに詰めるが補綴物です。補綴物には、種類が多く存在します。大きく分けて、保険と自費です。

保険の補綴物は、レジン(プラスチック)かメタル(銀歯)です。経年劣化や身体への悪影響を及ぼしますが、保険適用なので安く治療出来ます。自費補綴物は、レジン・メタルをそれぞれセラミックと融合したハイブリット型から全てセラミックにしたオールセラミック(ジルコニア、イーマックス)があります。保険適用外なので高額となります。

当院では、患者様に長く健康でいていただきたいという想いから、自費補綴物を使用して欲しいと考えています。しかし、自費補綴物は高額です、なかなか手を出せるものではありません。ですので、当院では特別に低価格で補綴を提供いたします。とはいっても不安は拭えませんよね?是非ドクター・スタッフにお気軽にお声掛けください。

保険診療と自費診療の違い

「自費治療」という言葉を聞くと、どのような印象を持ちますか。「贅沢品」というイメージをお持ちの方も多いと思います。日本の健康保険制度は諸外国に比べて、非常に優れていると言われているので、多くの方がそのように感じるのも無理はありません。しかしながら、歯科治療の場合は内科や外科と異なり、保険治療範囲は非常に限られています。


それでは、自費診療と保険診療では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
以下の画像は、保険診療と自費診療それぞれで入れた被せ物が、5年経過時にどのような色の変化が起きたかを示しています。


保険診療と自費診療で使用する素材における経年劣化の比較

クラウンイメージ保険診療では、レジンとよばれるプラスチックの素材を使います。レジンはその性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間が経つと変色していき、見た目が悪くなっていきます。 それに対して自費診療では、セミラック(陶器)を使うので、時間の経つとともに変色することがありません。

保険診療のレジンは、5年経過時点でかなり黄ばんでいるのに対して、自費診療のセラミックは普通の歯と同じ白さを保っています。

また、患者様にとって分かりづらい部分ではあると思いますが、歯医者として主張させて頂きたいのは、自費治療は見た目の美しさだけではなく、「虫歯再発リスクの低下」、「体への優しさ」も兼ね備えているということです。

自費治療が虫歯再発リスクを低下させる

クラウンイメージ虫歯治療によって削られた歯は、詰め物・被せ物を入れる必要があるため、材料や治療方法によっては、詰め物・被せ物と歯の境目に隙間ができることがあります。

この隙間は人間のから見ると気になるほどではありませんが、お口の中にたくさんいる虫歯菌が侵入するには十分大きいです。この隙間から虫歯菌が侵入することで、虫歯の再発リスクが高くなります。


隙間からの侵入を防ぐために歯医者は、詰め物・被せ物の隙間を開けずに埋めようと努力はしますが、保険診療の材料では限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまう事が非常に多いです。それに対して自費診療の材料を使うことで、人口エナメル質を作り、歯の表面を保護して、詰め物・被せ物と歯間を隙間を開けずにぴったりと埋めることが可能です。

身体に優しい自費治療

銀歯保険の銀歯は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことがあります。金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーの症状が起きることがあります。また、金属イオンが歯茎に沈着することによって、歯と歯茎の境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つです。

近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)で希望される方も非常に増えています(自費診療)。

「保険診療と自費診療の違いは何でしょう?」と患者様にお伺いすると、「最新の治療が受けられる」と考えられる方、又は「材料が良い」と答えられる方が多いようですが、最大の違いは、「治療精度の高さ」と「治療時間の長さ」です。

保険診療は、国から治療費が決められていて、CT・マイクロスコープ等の設備投資をしっかり行っている場合、健全な医院経営が出来ていないのではないかと疑うほどの低価格治療費に設定されています。場合によっては、東南アジアより日本の治療費の方が安いこともあります。

このような背景があるため、限られた時間・コストの中での治療になってしまうため、出来高払いの保険診療の場合には、じっくりと時間をかけて丁寧に治療をすることが出来ないというのが実情です。

自費診療では、十分な時間と最高の材料を使って、再治療の必要性を限りなく抑え歯を長持ちさせられる最先端の歯科治療が行えるのです。

自費の素材

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアクラウン

  • 歯と色が似ているため、目立たない。また変色しない

  • 耐久性が高く、ほとんどの部位に使用できる

  • 金属未使用のため、金属アレルギーの心配なし

主にクラウンで利用されます

イーマックスインレー

イーマックスインレー

  • 透明感のある自然な白さ

  • 十分な硬度と体に優しい素材

  • 金属未使用

主にインレーとして利用されます


ジルコニアとイーマックスの違い

透明度

透明度比較

イーマックスの下にメタル素材が利用されているとメタルが透ける場合がございます。

耐久性

耐久性比較

ジルコニア素材は、どの歯でも利用する事が可能です。

※見た目の違いに大きな差はありませんが、素材の耐久性の違いで用途が異なります。



錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで