入れ歯が合わない

自分に合わない入れ歯を利用すると?

「上手く噛めない・・・」「入れ歯が痛い・・・」そんな入れ歯への不満があっても、そのうち慣れるだろうと放置していませんか。入れ歯が合わないまま使い続けていると、大変なことになります。


粘膜異常

入れ歯が強く当たる粘膜の部分に、入れ歯による床ずれのような褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう」が生じることがあります

歯茎の異常

義歯性繊維腫(ぎしせいせんいしゅ)という繊維性組織が増殖したり、歯茎がぶよぶよのこんにゃくみたいになったりすることがあります。

周りの歯への過重負担

合わない義歯を使い続けていると、周りの健康な歯に過度な負担をかけることになります。そうすると、周りの歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

顎関節への負担

偏った力が顎の関節にかかることにより、顎に大きな負担が生じて痛めてしまうこともあります。

顎の骨の衰退

顎の骨にきちんと咀嚼の刺激が伝わらないことにより、骨が痩せて衰退してしまうことがあります。

入れ歯とは?

入れ歯入れ歯とは、歯を失ってしまった場合に入れる取り外し可能な人口歯のことです。大きく分けて2つあります。総入れ歯と部分入れ歯です。それぞれの特性は、そのままの意味通りです。

入れ歯には、それぞれに保険と自費の2種類がございます。それぞれ使用する材料等々が違います。保険はレジンやメタルです。お口に入れた時には違和感があり、お食事・お話しもしにくかったり、他の人から入れ歯だとわかります。自費はノンクラスプデンチャーといって、クラスプ(金属のフック)がない入れ歯などです。他の人から入れ歯だとばれにくいです。

スマイルデンチャー

入れ歯部分入れ歯をしている方で、金属のフックが気になる方は多いのではないでしょうか。部分入れ歯の金属は入れ歯を安定させるために残存歯にかけるものです。
しかし、実は金属のフックを使わなくても入れ歯を安定させるスマイルデンチャーというものがあります。

スマイルデンチャーは部分入れ歯の金属を歯や歯茎と同じ色にすることによって、笑ったときに金属が見えないようにする入れ歯です。つまり、他の人から入れ歯をしているとわからないようになっている入れ歯です。ノンクラスプデンチャーと呼ばれることもあります。部分入れ歯は残っている歯に金属のフックをかけて入れ歯が動かないようにします。

しかし、フックは金属で作るために、見た目にはいいのもではありません。そこでフックの部分を目立たなく歯や歯茎の色に合わせたものがスマイルデンチャーです。

スマイルデンチャーのメリット

入れ歯の金属がないため入れ歯だと気づかれにくいです

基本的には、入れ歯をしているとは誰にもばれたくないものですよね。スマイルデンチャーのフックは歯や歯茎の色に合わせて作るため、大きな口を開けて笑っても入れ歯をしていることには気づかれません。歯茎の色に合わせたフック自体も歯の根元に添わせるために段差もほとんど目立ちません。


透明感があり歯茎に馴染みます

スマイルデンチャーのプラスチックは透明感があり、柔らかくしなりのある材質です。そのため歯茎に色が馴染み口元が綺麗に見えます。


入れ歯を薄くできるため違和感が少ないです

スマイルデンチャーは保険の入れ歯に比べ強度と柔軟性があるために、薄く作ることが出来ます。そのため違和感が少なく、使いやすい入れ歯となります。入れ歯は違和感があると非常に嫌なものです。出来るだけ違和感を減らしたのがこのスマイルデンチャーです。

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで