痛い治療は嫌い

ドックスベストセメントとは?

ドックスベストセメントドックスベストセメント(Doc'sBestCements)とは、アメリカで開発された新たな虫歯治療方法の事です。今までは虫歯菌を削って治すという発想でしたが、ドックスベストセメントは、虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌するという画期的な治療法です。

ドックスベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている製品です。


ドックスベストセメントの治療方法

ドックスベストセメントの治療方法を虫歯の進行度に合わせてみていきます。


初期虫歯

虫歯イメージ削る量が少ないので、そのまま詰め物をします。ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

中期虫歯

虫歯イメージ通常なら、虫歯の部分を全て取るため大きく歯を削ります。しかし、ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要はありません。大事な歯を、極力削らないで済ませることができます。また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットもあります。

後期虫歯

虫歯イメージ通常なら、歯の中にある神経を全て取り除き、除去後の部分に神経の代わりとなるゴムの詰め物をします。※通常の治療においても、細心の注意を払ってしっかりと治療していきます。(保険治療となります。)ドックスベストセメントでは、虫歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまうので、神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、ミネラルで虫歯を殺菌します。
虫歯菌を殺す特殊なドックスベストセメントを使用します。歯の中に虫歯菌があった箇所が残りますが、虫歯菌はドックスベストセメントで死んでいるので、しっかり密封すればそのまま大きくなっていくことはありません。


※残念ながらドックスベストセメントは、まだ保険治療でできる方法として認められていません。現在この方法は自費治療となります。また、上に被せる冠や詰め物も自費扱いとなります。

ドックスベストセメントのメリット

神経を取らなくてはならない大きな虫歯の神経を除去しないで済ませることが出来ます

神経を除去すると、一般に歯の寿命が短くなると言われています。神経はかなり複雑なで、特に根尖部(根の先の部分)が複雑になっていると、どんなにしっかりと神経を取っても、また痛みや歯茎の腫れが生じやすいと一般に言われています。
神経除去後、再発して痛みや腫れが生じた時には、再治療出来れば良いのですが大体は抜歯になってしまいます。※治療後、痛みが生じても神経を残して再治療できる場合もあります。


神経に達していない中等度の虫歯の場合でも、虫歯菌を削り取らないので大切な歯を残しておけます
特に子供の若い永久歯の虫歯には最適な治療方法です

一生、自分の歯で過ごすには歯を何十年と維持しなくてはなりません。生え揃ってから何年も経っていない子供の永久歯を、その時から神経の処置まで必要な虫歯の治療をするとどうなるでしょうか。

神経を除去すると歯の寿命は短くなりますので、その後数十年も維持するのは非常に難しくなります。「一生、出来るだけ長く自分の歯で暮らす」このような観点から、極力神経除去しないで済むドックスベストメントは、子供に最適な治療方法とも考えられます。


通常2~3回と治療回数が少ないです
1つ軽い治療になるので、一般に歯の寿命が延びます

万一、治療後痛みが生じた時には、その時に通常の神経除去治療ができる。


薬ではないので、くすりアレルギーのある方も安心して使用していただけます
ドックスベストセメントをいれた部分は、永続的な殺菌効果が期待出来ます

ドックスベストセメントのデメリット

日本では、まだ保険治療として認可されていないので、自費治療です
また虫歯菌の部位、量、状態等によっては、この治療が出来ないケースもあります
歯の中の虫歯菌は治療できますが、虫歯にならない歯にすることは出来ません
通常の適切なブラッシングを怠ると、治療部分とは違う箇所から新たな虫歯が発生します
治療後も定期的なメンテナンスは欠かすことが出来ません

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで