歯の豆知識

歯ブラシの適正な交換頻度

2016年11月6日 (日)

歯ブラシをどのくらいの頻度で替えるのが適正なのか、正直迷ってしまいます。歯ブラシは消耗品ですからいつまでも使い続けるわけにはいかず、どこかのタイミングで替えなければいけないです。歯医者,歯科ならそのタイミングについて詳しく教えてくれるかもしれませんが、今さら聞けない質問でもあります。厳密にいつだと細かく決まっているわけではないでしょうが、やはり毛先の状態で判断するのが妥当です。

歯ブラシは使っていく内に毛先がどんどん広がってきてしまいますので、そうなると交換のタイミングです。毛先が完全に広がった状態では歯ブラシで磨いても磨いたつもりになってしまいますので、早急に替えなければいけません。目安としては歯ブラシを後ろ側から見て毛先がまんべんなく開いているようであれば、替えたほうが無難です。

また、歯みがきでブラシを当てたときの感触がほとんど感じられなくなったら、それはもう替え時といえます。それでは歯の汚れを磨き落とすだけの洗浄力が備わっているとはいえませんので、そうなったら替えてしまったほうが良いです。

さらに、歯医者,歯科で思い切って聞き、そのアドバイスをもとに替えるのも安心です。歯の状態を考慮して歯医者,歯科が適切なタイミングを教えてくれますので、その答えが最も無難な替え時です。かかりつけなら歯の状態を細かく把握していますので、聞いてみると解決します。歯ブラシは歯を守るための身近なアイテムですので、常に良い状態を保てるようケアするべきです。


カテゴリー: 未分類

歯周病が原因となってかかってしまう病気とその症状

2016年11月5日 (土)

歯周病というのはそれほど怖くはないというイメージかもしれませんが、実はそれが他の病気の原因になったり、そうした病気にかかりやすくなってしまうというリスクがあります。

というのは歯周病というのは感染症だからであり、それが体のあちこちに回っていくということがあるからです。ですから歯医者,歯科では歯周病に注意するように何度も呼びかけているのです。ではそのような歯周病はどのような病気へのリスクがあるのでしょうか。

肺炎はその1つであると言われています。歯周病菌の中にある細菌は肺炎にかかる菌と同じものが含まれているために、歯周病菌が含まれた唾液を間違って吸引してしまい、それが肺に入ってしまうと肺炎にかかる可能性があるのです。特に高齢者や体の免疫が弱っている病気を持つ人は注意が必要かもしれません。

また歯医者,歯科が危険と感じているのが心臓病であり、歯周病菌の混じっている血液が、歯肉の血管から体内に入ってしまうと心臓の血管壁に炎症を起こしてしまい、それが心臓病を患うことになってしまいます。心臓病というのは心筋梗塞や狭心症といったものであり、命に直結する大きな病気ですので、歯周病というのがそうした病気とかかわるようになってしまう可能性があるのを見過ごすわけにはいきません。

このようなことに自分がなる可能性があるということを考えると、歯医者,歯科に行き、定期的に検査を受けたり、治療をするということがいかに大切かということを認識できるのです。


カテゴリー: 未分類

適切な入れ歯の手入れの仕方

2016年11月4日 (金)

入れ歯には歯科にて歯医者さんが提言している、適切な手入れの仕方があります。入れ歯というのは歯の代わりに使用するものであり、出し入れできる仕組みになっているだけで、まさしく歯としての働きをする道具ですから、歯と同じように大切に扱っていかなくてはなりません。名だたる歯科の有名な歯医者も皆、同じように入れ歯は丁寧に優しく手入れをすべしと説いています。

入れ歯の汚れは口臭や歯周病の原因となるため、歯と同じく毎日しっかりと汚れを落とすことが必要になりますが、入れ歯を装着したまま無動作に歯ブラシでこするというのはNGです。入れ歯は歯よりももろく傷つきやすいものですので、しっかりと外してから入れ歯に合ったお手入れを行いましょう。入れ歯が傷ついてしまえば、細菌が発生しやすくなったり、形が変わってトラブルの元となります。

入れ歯に対しては、毛の柔らかい小さい歯ブラシや歯間ブラシで、そっと汚れを落としていくのが有効です。専用の入れ歯洗浄剤も使用して、汚れが気になる時には一晩程度念入りにつけておくのが良いでしょう。最後にしっかりとすすいで完了です。

入れ歯をきれいに保つこととともに、口の中を清潔にするのも重要な行動となります。残っている歯は隙間までしっかりと磨き、歯肉の状態のチェックも忘れずに行います。異常を見つけた場合にはすぐに入れ歯を作った歯科に来院し、歯医者さんの診察を受けて、次の指示を仰ぐようにして下さい。そうして慎重を期することで、口内の健康は保たれるのです。


カテゴリー: 未分類

歯がかけてしまった場合の対処法とは

2016年11月3日 (木)

歯が欠けてしまう原因は主には虫歯や歯周病によるもの、何かにぶつけてしまうことによるもの、歯ぎしりや固いものを噛んだことによるものなどがあります。

歯が欠けた原因によって対処法も違ってきますが、どのような場合であっても歯が欠けたまま放置しておくのはよくありませんから、早めに歯医者にかかる必要があります。

歯が欠けたまま放っておいてはいけない理由は歯を欠けたままにしておくとそこに食べかすなどが入ることによって虫歯の原因になりますし、歯の表面のエナメル質よりも内部の象牙質の方が柔らかいので、ますます歯にダメージが起こりやすくなるからです。
歯医者での治療ですが、歯の欠け方が少しであれば、少し削ることによって形を整えたり、白い樹脂でできているコンポジットレジンで欠けた部分を修復することもあります。歯の欠け方が大きい場合にはクラウンをかぶせる治療が取られます。その際にかけた部分が神経まで達している時には神経を取ってしまうなどの歯の根管治療が必要となり、その後にクラウンをかぶせるという治療が取られます。歯が根元から折れてしまっていたり、縦の方向に割れてしまっているような場合には歯を保存することは難しく抜歯をしなければなりません。

抜歯をしたうえで、ブリッジやインプラント治療などを行う必要があります。
歯が欠けてしまった場合には一刻も早く歯医者にかかって適切な治療を受けることが必要になってくるのです。


カテゴリー: 未分類

歯ぎしりと歯並びの関係とは

2016年11月2日 (水)

口の中に食べ物が入っていない状態で、意味もなく歯を鳴らしたり顎を左右に動かしたりすることを歯ぎしりといいます。歯を食いしばるのもギシギシと鳴らすのも、カチカチと噛み合わせるのも全ては歯ぎしりです。歯ぎしりは癖であり原因はいくつかありますが、最も多いのはストレスのために無意識に行ってしまうもので、歯ぎしりをしている自覚がなく、歯科の受診にて歯医者さんに指摘されて初めて自分の歯ぎしりに気付いたという人もいます。

歯ぎしりによって歯は欠けたりすり減ったり、強い力をかけられて傾いたりします。永久歯へと生え替わる子供の歯ぎしりは特に、歯並びに大きく影響するので気を付けなければなりません。歯の位置が正確に定まっていない時に、歯ぎしりで強い力をかけてしまえば、歯はあっちこっちに移動してぼこぼこになります。

歯ぎしりと歯並びの関係は一方的ではなく、歯並びが悪いせいで、発生してしまう歯ぎしりというものもあります。正確な歯並びならば突っかからないものが、歯並びがよくないせいで不意の時に当たってしまい、そこから噛み合わせを気にしているうちに、無意識に歯ぎしりを行うようになることがあるのです。

歯ぎしりも歯並びも、歯科にて歯医者さんの正しい指示と処置を受け治療できます。歯が緩んでいるな、顎が痛いな歪んでいるなと感じた時には、かかりつけの歯科の診察を受け、歯医者さんの判断を仰ぎましょう。症状の軽いうちに治療を開始することで、改善もしやすくなります。


カテゴリー: 未分類

歯周炎の適切な治療方法は

2016年11月1日 (火)

30代以上の成人であれば8割以上がかかっているというのが歯周炎です。

しかし歯周炎の特徴として虫歯のような痛みや症状が少なく、実際に自分が歯周炎だと自覚している人は非常に少ないです。しかし放置しておくと、どんどん症状が悪化していくので、定期的に歯医者,歯科でメンテナンスしてもらう事が一番おすすめです。実際に歯周炎になると歯医者,歯科で治療が必要になりますが、どのような治療が行われるかは歯周炎の進行の程度によります。軽度の歯周炎の場合は、まず歯医者,歯科で検査をした後に、歯磨き指導をされます。まず正しい歯磨きの方法を知ることが、歯周炎をこれ以上悪化させない為にも重要になるからです。

その後は歯の表面についた歯石を除去してもらったり、かみ合わせなどのメンテナンスをしてもらいます。歯周炎が軽度の場合は比較的治療も簡単に行う事ができますが、症状が重度の場合はさらなる治療が必要になります。もちろん重度の場合でも、歯磨き指導や歯石除去、メンテナンスはありますが、それプラスフラップ手術というものが必要になります。

フラップ手術とは、歯ぐきを切り取り、そこにたまっている膿や歯石を取り出す手術です。口内環境をリセットすることができ、口臭を改善することができますが、どうしても痛みを伴います。また歯周炎が重度になるほど治療費もかかるので、歯周炎が悪化する前に歯医者,歯科に相談したり、メンテナンスをしてもらって悪化を防ぐことがポイントになります。


カテゴリー: 未分類

歯周炎の原因とは

2016年10月31日 (月)

歯を支えている歯肉、歯根膜やセメント質、歯槽骨といった歯周組織が炎症を起こす事を歯科的には歯周炎と呼びます。歯肉炎から症状が進み歯周組織にまで炎症が広がってしまう事も多く、更に歯周炎が進行してしまうと、出血や口臭がきつくなるというだけではなく最悪の場合は歯を失ってしまう事もあるのです。

ですから、初期段階のうちで歯医者できちんと専門的な治療を施す必要があります。

しかし、歯周炎になってから歯医者で治療するだけではなく、その原因を知って予防する事が何よりも大切になります。

歯周炎の最も大きな原因となるのが、プラーク(歯垢)です。

特に歯茎と歯茎の間の歯周ポケットにプラークが溜まり、その中の細菌により炎症が起こってしまうのが原因となっています。

また、喫煙や普段の生活習慣などによっても歯周炎が起こりやすくなるので注意しなくてはいけないのです。歯科的には、糖分の多い甘い食べ物や煙草などはあまり良いものだとは言えません。

喫煙者や甘いものが好きな人が必ず歯周炎になるという訳ではありませんが、リスクは高くなります。

その他にも血液の病気や治療によって使われた薬剤が原因で歯周病になるケースもあるのです。そういった原因に対しては、歯医者で治療をするだけではなく病気そのものに対する治療を行う必要も出てきます。

逆にプラークが原因となる場合は、毎日の歯磨きやケアを頑張るだけではなく、歯科検診を定期的に受けて歯のクリーニングを行ってもらう事が効果的になります。


カテゴリー: 未分類

虫歯の治し方

2016年10月29日 (土)

虫歯は手遅れになると歯を失ってしまいかねませんので、そうならないよう早めに歯医者,歯科で治療してもらわなければなりません。その治し方がどうなっているのかはなかなかわかりにくいところですが、要は虫歯の部分を削ってそこに詰め物をするというのが一般的な治し方です。それができないくらい酷くなった虫歯は最終的に抜歯するしかなく、なるべくそうならないように早急な対応をしていかなければならないです。

抜歯せず対処できる段階での虫歯の治し方は、まず歯を綺麗にして口内を清潔にすることで治せる場合があります。この方法なら歯医者,歯科は関わらないも治るかもしれませんが、症状が進行するとそういうわけにはいかなくなってしまいます。

誰でも1度くらいは経験があることなのかもしれませんが、歯医者,歯科で虫歯になっている部分の歯を削り取りそこに詰め物をしていきます。これが上手くいけば虫歯になってしまった部分の進行を食い止めることができますので、せめてこの段階で食い止めておけば御の字です。ですが、痛みを我慢するなどして虫歯をそのままにしておくと、根管治療を行ったりしなければいけなくなってしまいます。そうなると治療するにしても相当な期間を要してしまいますし、食事で不自由を感じるかもしれません。

さらにそれでも治らない場合は、抜歯することになってしまいます。大事な歯を失うのはできるだけ避けたいので、そうならないようにしっかりと虫歯を早めに治すことが大切です。


カテゴリー: 未分類

e-maxインレーの特徴

2016年10月28日 (金)

見た目が白くてキレイな人工の歯と言えばセラミックというのが今までの常識だったかと思いますが、それよりもメリットが多いと言われているのがe-maxインレーという物なんです。

一応セラミックのカテゴリーに入るものなんですが、とても強度の高いガラスセラミックという素材になっており、従来のセラミックインレーが意外と割れやすいという欠点を解消しているんです。
このe-maxインレーは一般の歯医者さんじゃなく審美歯科で治療可能となっていて、保険適用ではありませんからお値段は一本あたり30,000円くらいが相場と、ちょっとコストが掛かってしまうのが難点かと思います。

でも気になっていた前歯の隙間を綺麗に埋めたりすることが出来たり、欠けてしまった歯をごく自然な形で修復することが出来ますので、e-maxインレーは長い目で見たらお得という考え方も出来ると思います。
審美歯科のような歯医者さんではジルコニアセラミックというインレーやクラウンをオススメすることもありますが、基本的に奥歯に使われることが多くなっていますので、e-maxインレーは前歯に使われる事が多いというのも特徴かと思います。笑った時にきれいな白い歯でいたいという願望を叶えてくれる、特に人と多く接するお仕事をされている方にはピッタリかと思います。
硬くて強いというのがe-maxインレーの特徴ですが、他の自分の歯を傷つけないくらいの丁度よい硬さというのも特徴です。残っている大切な歯を痛めては元も子もないですから、人工の歯でありながら自然に限りなく近いというのが最大のメリットでしょう。


カテゴリー: 未分類

インプラントとブリッジの違い

2016年10月27日 (木)

歯医者で歯を抜くことになった時、抜いた後の歯科治療の選択肢としてまず考えられるのがブリッジです。

ブリッジは抜歯した歯に隣り合う左右の歯2本をを削り、削った歯を土台にして橋(ブリッジ)をかけるように被せものをして、抜歯した個所の義歯を固定させる治療法です。

被せものの材料によっては、保険での治療が可能です。一方のインプラントは、抜歯をしたところに人口の歯を埋め込む方法です。

骨そのものにしっかり埋め込むインプラントは天然の歯と変わりなく使えるというのが大きなメリットですが、この歯科治療には保険は適用されません。

ブリッジのメリットは、先にあげたように、保険が適用されること、そして治療期間が比較的短くてすむことです。

ただし、治療のためには両脇の歯を削らなければならず、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

一方のインプラントは、保険適用外の歯科治療であるため、費用がかかるのが大きなネック。また治療には時間がかかり、およそ4~6ヶ月歯医者に通うことになります。

外科手術を伴う手間がかかる歯科治療なので、治療中の注意事項もたくさんあります。

また、骨粗鬆症や重度の糖尿病がある場合や、土台となる顎の骨の強度に問題がある場合はインプラントの治療を行うことはできません。

歯医者によっては、インプラント治療をまだ取り入れていないところもありますので、抜歯することになったら、事前に歯科医とよく相談する必要があります。


カテゴリー: 未分類

錦糸町で歯医者をお探しならライフ錦糸町歯科クリニックまで